連載
» 2017年06月20日 07時20分 公開

飛躍:ASEANに求められる技術革新――ASEANにおけるIoT/Industry 4.0の潮流 (3/4)

[山邉圭介, 石毛陽子,ITmedia]
Roland Berger

2.3 段階的に進むASEANローカル製造業の高度化

 ASEANに拠点をもつグローバル製造業は、ナイキやユニリーバのように先端技術の導入を進めているが、ASEANのローカル製造業においても、今後技術革新・高付加価値化が進んでいく。

 ただし、グローバル企業とローカル企業では課題・ニーズが異なる。例えばインドネシアやベトナムなどのローカル企業の技術革新は、自動化や省人化よりは、まず工場で働く人員の効率化や、手作業によるアウトプットの品質向上など、身近な課題の解決を解決する観点で進んでいくと考えられる。

 また、生産コストが高く高付加価値製品を製造するシンガポールと、その他ASEAN諸国でも技術革新へのニーズは異なる。シンガポールは高付加価値で多品種の製品をいかに効率よく生産するか、というマス・カスタマイゼーションや、高い人件費を抑えるための自動化ニーズが高い。

 アークストーン(シンガポール)は、ローカル製造業に対して技術の高度化を支援するベンチャー企業であり、人員効率化や品質向上、生産性モニタリングなどのソフトウェア・ソリューションを提供している。同社のシステムは、やや古いマシンでも対応できるように工夫をしたり、一定の情報は手作業で入力してデータ処理負荷を抑えたりするなど、ASEANの顧客が使いやすい仕様となっている。

 また、アークストーンはASEANでIndustry 4.0の普及を目指すコンソーシアムSIMCO(Singapore Manufacturing Consortium)をリードしている。SIMCOにはRFIDを用いたトラッキングソリューションを提供する会社など、ローカル製造業を支援する6社のベンチャーが参画している。

Copyright (c) Roland Berger. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆