連載
» 2019年06月13日 07時08分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:どんな時代でも変わらない「働く」ことについての大切なこと (1/2)

これからはキャリアは短いけれど、長い期間働くことを意識しなければならないだろう。そのためにはどのような心掛けが必要だろうか。

[古野庸一,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


キャリアを考える際の2つのスタンス

『「働く」ことについての本当に大切なこと』

 社会人経験が豊富になっていくと、若手からキャリアの相談をされる機会が増えていくでしょう。エグゼクティブの方であれば、なおさら有効なアドバイスが期待されるでしょう。

 そこでの相談内容はさまざまですし、相談に対するアドバイスもさまざまです。しかし、そのアドバイスのベースになるスタンスは、2つに分かれるように見えます。「生き残り」陣営と「幸福」陣営です。

 技術革新のスピードが早くなっていき、仕事の内容が変わったり、仕事が無くなったりすることが予測されています。ゆえに、一つのキャリアが短くなっていくといわれています。一方で、寿命が長くなっていきますので、働く期間が長くなることが前提になっていくでしょう。一つのキャリアは短いけれど、長い期間働くことを私たちは意識しなければいけません。だから、ちゃんと「生き残る」ことが大事であることが分かります。

 しかしながら、「生き残る」ことだけでは、何のために生きているのか分かりません。私たちは「幸福」を味わいたいと思っています。

 働く時間以外で「幸福」を味わうことも大切ですが、働いている時間でも「幸福」を味わうことができれば、人生の満足感は高まります。また、「幸福」と感じることなく働くことは、単に不幸になるというだけではなく、健康を損なうことにつながります。ゆえに、アドバイスのベースを「幸福」に置いている人もたくさんいます。

 子供に対する教育方針を見ても、多くの親が「生き残る」ことと「幸福になる」ことを意識しているように見えます。「生き残ってほしい」という思いから、幼稚園のときから英語の塾に行かせ、小学校の高学年のときから進学塾に行かせ、いわゆるいい中学、高校、大学に行かせようとしている親がいます。一方で、「幸せになってほしい」という思いで、受験になるべく巻き込まれないように、のびのびとした学生生活が送れるように、自分らしく生きられるようにしている親がいます。

 「生き残り」と「幸福」。ときに相反します。

 「生き残り」とは、外部環境に適応することです。環境が変われば、それに合わせて自分を変えていくことが必要です。他の人との競争に勝たないといけません。生き残るために将来のリスクを勘案して、準備が必要です。今日の快楽を我慢して、明日の不安に向けての準備が必要です。どちらかというと、ネガティブな感情が支配しています。

 一方で、外の環境に合わせてばかりいては「幸福」にはなれません。「幸福」の感情は、過去を振り返っての満足、現在の充実、未来への希望のように、ポジティブな感情で満たされていることが一般的です。自分らしく、リラックスし、時間に追われずゆったり、優しさに包まれていると形容されますし、他者との関係性も競争ではなく、協調であり、分かり合えるということになります(図1参照)。

図1:「生き残る」ことと「幸福」の対比
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆