ニュース
» 2021年08月17日 07時02分 公開

できる上司はやっている――行動改善コーチングと部下ノートで1歩踏み込んだ部下指導をITmedia エグゼクティブ勉強会リポート(1/2 ページ)

リモートワークで部下の指導がうまくいかないのではなく、もともとうまくいっていなかったのである。対面でもテレワークでも使える部下の指導方法を学ぶ。

[山下竜大,ITmedia]
人事政策研究所 代表 望月禎彦氏

 ライブ配信で開催されているITmedia エグゼクティブ勉強会に、人事政策研究所 代表 である望月禎彦氏が登場。1991年に人事政策研究所を設立して30年以上、人事コンサルティングを提供してきた経験に基づいて、『対面でもテレワークでも使える! 部下を成長させる「部下ノート」のススメ』をテーマに講演した。

リモートワークだから部下の指導がうまくいかないのか

『「1万人の部下をぐんぐん成長させたすごいノート術 部下ノート』

 コロナ禍により、リモートワークが増えたことで、部下の指導がうまくいかないという相談が多い。例えば、部下と他チームのメンバーのコミュニケーション状況が把握できない、部下の仕事の目的や成果、プロセス状況を細かく把握できない、部下が正しく相談や報告をしているかが分からないなどである。

 しかし、リモートワークだから、部下の指導がうまくいかないのではない。これまで、オフィスワークでうまくいっていなかった部下の指導の問題点が、リモートワークにより表面化されただけのことである。オフィスワークにしても、リモートワークにしても、そもそもなぜ部下の指導がうまくいかないのか。

 スポーツの世界を考えてみてほしい。現役時代は一流選手であっても、監督や指導者になると、途端に二流になってしまう人がいる。逆に、現役時代はたいした成績でなくても、監督、指導者になって能力を発揮する人もいる。その違いは何なのだろうか。違いは「状況対応」である。

 状況対応とは、自分の過去の成功体験が、部下の指導の邪魔をしてしまうことだ。成功者の体験は、特殊なものであることが多く、参考にするのはよいが、万人に通用するかは別の話である。リーダーが出すべきパスは、成果につながらなければならないという「パス・ゴール理論」では、成果は「環境」と「状況」により変化する。

 環境とは、例えば大規模な工場では、5年、10年のスパンで、じっくりと人材育成ができるが、流行が毎日のように変化するゲーム会社では、5年、10年かけた人材育成では間にあわないということ。一方、状況とは、部下の仕事の成熟度である。望ましい状況対応は、できる部下が全体の2割、普通の部下が6割、できない部下が2割である。

 具体的には、どのような指導をすれば効果が上がるのか。できる部下にはコーチング、できない部下にはティーチング、普通の部下にはコーチングとティーチングをあわせた「行動改善コーチング」と、レベルにあわせた指導をする。コーチングは部下に任せ、ティーチングは部下を手とり足とり指導し、行動改善コーチングは部下とコーチが一緒に走る指導方法である。

 例えば、採用してすぐのできない部下へのティーチングでは、自由度はなく、テキストを1字1句暗記させる。これができる普通の部下には、上司の体験と部下の感性をあわせ、一緒に走る行動改善コーチングに移る。本当に全てを任せられるできる部下は、全体の1割程度。コーチングだけで人は育つという考え方は、変えた方がよい。

 特に大企業の人材育成で、部下に力をつけさせるためには、もう1歩踏み込む必要がある。単に話を聞いたり、コミュニケーションしたりするだけではなく、仕事で成果を上げる、仕事で認められる、会社に貢献できるなど、部下が充実感を得られることが重用。成果を上げたときが、部下のもっともうれしいときである。

 行動改善コーチングでは、まず1〜2カ月程度の短期の成果目標を部下と設定。次に切り口をあぶり出し、具体的な行動目標を設定するサイクルを回す。例えば、2〜3カ月で幹部研修を1本受注したいという目標を設定し、新規顧客にアプローチしたい場合、飛び込みで営業しても、コロナ禍の現状では会ってももらえない。そこで、「既存顧客に新規顧客を紹介してもらう方が効果はある」という自分の体験を交えて行動目標を設定する。

 これが行動改善コーチングである。

35年間書き続け、約2万人に伝えてきた部下ノート

 ある調査では、大手企業の8〜9割の部課長は、プレイイングマネジャーだといわれている。そのため部下の指導が必要であり、かつ悩んでいる。私自身も、社長でありながら講演活動も、研修も、コンサルタント業務も行っている。だからこそ、分かる秘訣(ひけつ)もある。そこで有効なのが「部下ノート」である。

 部下ノートのルーツは、新卒で10年間勤めていたユニ・チャームという会社での経験にある。当時の高原慶一郎社長の秘書を1年半務めたが、部下ができたら、部下ノートを作りなさいと教えられた。高原社長は、社長も部下から学ぶことがあるし、部下の指導でうまくいったこと、いかなかったことを書いておくことが重要という。

 ただし部下ノートは、高原社長の見よう見まねで覚えたものなので、本当に正しいかどうか自信がなかった。しかし、ある講演会でソフトボール日本代表の監督だった宇津木妙子さんと一緒になり、控室で部下ノートの話をしたら『ソフトボール眼(講談社)』という著書をいただいた。その中に、「性格分析ノート」を選手に書かせたことで、各選手は人に対する洞察力が養われたと書いてあった。これにより、少し自信がついた。

 部下ノートを35年間書き続け、そのメリットを約2万人に伝えていると、部下ノートを実践した人から、部下ノートが送られるようになった。現在、日本全国から約250人分の部下ノートが事務所に届いている。中には、カレンダーのフォーマットに書き込む人、日記のように長文を書く人など、効果が期待できない部下ノートもある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆