ニュース
» 2023年11月30日 08時56分 公開

ホンダ、電動二輪に5千億円投資 2030年に400万台販売、専用工場新設も

これまで年間350万台としていた電動二輪の30年の世界販売目標を50万台増の400万台に引き上げたほか、新たに27年以降に電動二輪専用工場を稼働させる計画を示した。

[産経新聞]
産経新聞

 ホンダは29日、2030年までに約5千億円を投じて二輪車の電動化を加速する方針を発表した。これまで年間350万台としていた電動二輪の30年の世界販売目標を50万台増の400万台に引き上げたほか、新たに27年以降に電動二輪専用工場を稼働させる計画を示した。

ホンダのロゴ

 同社は電動スクーターの新モデルを来年投入し、25年には「プラグイン充電式」モデルも世界展開するなど電動二輪の販売を本格化する。これらを含め、従来は世界市場に25年までに10モデル以上を投入するとしていた電動二輪の商品計画を今回、30年までに累計約30モデルと拡大した。

 また、効率的に開発・生産できるモジュール式の設計構造や新型電池の採用、専用工場による量産などにより、30年には交換式バッテリー仕様の現状の電動二輪に対し、完成車のコストを半減。電動二輪事業単体の営業利益率で30年に5%以上、30年代に10%以上を目指す。

 一方、専用工場はインドや東南アジア諸国連合(ASEAN)地域が立地候補となる見通しで、1工場当たり年間100万台の生産、投資額約500億円を想定する。

 電動化推進の5千億円の投資額は25年までに1千億円、残りを30年までの5年間に振り向ける。(池田昇)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆