ニュース
» 2023年12月01日 09時54分 公開

SNS流行語大賞、今年最も使用されたフレーズは「かわちい」 5位には「アレ」がランクイン

ネットセキュリティーなどのサービスを提供している「イー・ガーディアン」は、X(旧ツイッター)上で頻繁に使用されたフレーズを独自に調査し、その中で最も使用されたフレーズを決める「SNS流行語大賞2023」を発表し、大賞に「かわちい」が選ばれた。

[産経新聞]
産経新聞

 ネットセキュリティーなどのサービスを提供している「イー・ガーディアン」(東京)は、X(旧ツイッター)上で頻繁に使用されたフレーズを独自に調査し、その中で最も使用されたフレーズを決める「SNS流行語大賞2023」(今年1月1日〜10月31日)を発表し、大賞に「かわちい」が選ばれた。

(イー・ガーディアン調べ)

 SNS流行語大賞は令和元年から発表をスタート。同社によると、今年1位に選ばれたかわちいは、動画クリエイターのSleepy boyさんがTikTok(ティックトック)にこの言葉を使って投稿した動画が話題になった。その後も、さまざまなクリエイターが動画の中で「この○○○が、かわちい」というフレーズを使うようになったことで、「Z世代」と呼ばれる若年層を中心に流行したという。かわちいは累計で約369万件使用され、2位の「スイカゲーム」に大差をつけた。

 5位には、プロ野球の日本シリーズでオリックスを破り、38年ぶりの日本一に輝いた阪神の岡田彰布監督が口にしたことでトレンドになった「アレ」がランクインした。

 同社は「今年はテレビやXからだけでなく、TikTokやYouTube(ユーチューブ)などさまざまな媒体を発祥とする流行語も見受けられた」としている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆