ニュース
» 2007年11月02日 23時39分 UPDATE

企業の採用進むSaaS型アプリケーション

SaaS型と呼ばれるアプリケーションの採用が進んでいる。東京都民銀行楽天支店、中部テレコミュニケーション、小田急電鉄が、セールスフォース・ドットコムのサービスを採用するなど、企業向けソフトウェアの新形態として着実に浸透してきている。

[ITmedia]

 SaaS(Software as a Service)型と呼ばれるアプリケーションの採用が進んでいる。

 SaaSモデルでCRMアプリケーションを提供しているセールスフォース・ドットコムによると、東京都民銀行楽天支店、光インターネットサービスの中部テレコミュニケーション、マーケティングサービスのネクスウェイが同社のサービスを採用した。小田急電鉄では、SaaS型のプラットフォーム上に同社資産の保険管理システムを構築したという。

 セールスフォース・ドットコムは9月に、日本郵政グループの顧客管理システムとして4万ユーザーという大規模採用を獲得したことを発表し、注目を浴びた。

 SaaSとは、ソフトウェアをインターネット経由のサービスとして提供するモデル。従来からあるASP(Application Service Provider)サービスと似ているが、1つのサーバを複数社が共有するマルチテナント型でサービスを低価格に抑えながら、個別企業のニーズに基づいたカスタマイズを容易に行えるのが特徴。

 東京都民銀行楽天支店では、口座開設などの顧客対応業務のフロントシステムに採用したほか、中部テレコミュニケーションは、業務ごとに個別に開発していた複数の顧客管理システムを「Salesforce」で統一した。ネクスウェイは、ネット販促サービス事業での早期の業務プロセスの確立のため、開発期間が短くてすむSaaSのメリットを評価して採用を決めた、という。

 小田急電鉄では、同社の車両や鉄道設備などの資産に対する保険の管理としてセールスフォースのプラットフォーム「Force.com」を採用した。セールスフォースが得意とするCRMアプリケーションではないが、SaaS型のプラットフォーム上でシステムを構築する方が開発期間や費用の面で優れると判断した。

 資産管理、保険台帳管理、保険明細管といったアプリケーションをサービスとして提供されるプラットーム上に構築し、それぞれを連携させて業務の効率化を図った。

 小田急電鉄管財部課長代理の藤澤伸次氏は「当初、パッケージソフトを使った構築も検討したが、3分の1の費用、半分以下の開発期間で実現できた」としている。

関連キーワード

SaaS | 企業資産管理 | CRM | 業務プロセス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆