連載
» 2007年11月07日 07時00分 UPDATE

新世紀情報社会の春秋:アップルの復活とプラットフォーム戦略(後編) (1/2)

アップルの躍進は商品デザインやインタフェースにおけるイノベーションだけでなく、ソフトウェア企業として着々と取り組んできたOS開発の成果が大きい。

[成川泰教,ITmedia]

新商品を支えるソフトウェア戦略

 アップルが新たな商品ラインアップを実現するに際して、ソフトウェアの役割は極めて重要である。その中核が元来Macintosh用のOSとして開発された“MacOS X”だ。同社は公式には認めていないが、今年になって発売された新商品(iPhone、Apple TV、iPod touch)には、いずれもMacOS Xのカスタマイズ版が搭載されている。

 リビングルームのメディアサーバを提案するApple TVの中身は、安価なインテル製のCPUにMacintoshシリーズとほぼ同じ構成の専用OSをHDDに格納したものだ。調査会社のiSuppli社は、同製品を「旧世代のコンポーネントを使ったPC」と結論付けた。家電ベンダーとの競合を意識したコスト戦略から光ディスクや録画機能は搭載されていないが、Macintoshシリーズにいまも残る“Mac mini”は将来のApple TVの姿にも映る。299ドルという価格が実現できた背景には、旧世代部材の流用だけでなく、高機能の自社製OSの存在が大きく貢献している。

 一方、モバイルでの新しいデジタルライフスタイルを提案するiPhoneとiPod touchについては、外見やインタフェースが酷似していることからもわかるように、両者の基本的アーキテクチャはほぼ同じと考えるのが自然だ。その中身は複数のティアダウン(分解)レポートから、CPUに高機能モバイル系チップで有名なARM社のコアを採用しているようだ。

 アップルがMacintoshシリーズのCPUをIBMからインテルに乗り換えた理由の1つとして、IBMの限界が露呈したノートブック型PC向けCPUの省電力技術に関して、インテルから明確なロードマップが提示されたことが知られているが、さすがのインテルも、さらに小型の携帯機器向けのCPUでは、まだアップルのニーズにあった製品を提供できなかったようだ。

 iPhoneのOSについては、会社はそれを“OS X”と説明している。iPhoneの開発にMacOSのエンジニアが必要という理由で、予定されていたMacOSの新製品リリースを延期している。iPhoneに搭載されたブラウザやウィジェット環境などは、現行のMacOSに標準搭載されているものと基本的には同じだ。これらのことから、搭載されているOSはいわば“MacOS Mobile”と呼んで差し支えないだろう。

iPod touchの製品仕様にはOSに関する記載はない。しかし、くり返しになるが、それがiPhoneと別物と考える方のはむしろ不自然だ。iPod touchの技術スペック(具体的には作業用メモリの容量や消費電力の問題)が解決されれば、iPod touchでもメールやGoogleマップなどが作動するのは時間の問題だろう。あとは技術というよりも、むしろ商品コンセプトの問題だと考える。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆