ニュース
» 2007年11月20日 18時56分 UPDATE

生産方式の転換で、基幹業務システムをビッグバン導入――日本開閉器工業

日本開閉器工業は、オラクルのビジネスアプリケーション「JD Edwards EnterpriseOne」をベースに基幹業務システムをビッグバン導入した。

[ITmedia]

 産業用スイッチメーカーの日本開閉器工業は、オラクルのビジネスアプリケーション「JD Edwards EnterpriseOne」をベースに基幹業務システムをビッグバン導入した。日本オラクルが11月20日発表した。

 同社は、世界シェア第1位獲得に向けて短納期の実現するため、生産方式を受注生産から計画生産方式へ転換した。これに伴い、使い慣れた基幹システムを「JD Edwards EnterpriseOne」ベースの新基幹システムへと刷新。グループ会社4社を含めた「会計」「生産」「受注」「販売」の一連のプロセスを一元管理する。

 宇宙衛星機器をはじめアミューズメント、航空、鉄道、医療、制御機器など、300万種を超える産業用スイッチを提供しているが、新システムを利用することで、売上高の上位60%を即時に納入できる体制の構築を目指しているという。

 JD Edwards EnterpriseOneを採用した理由としては、基本的な生産計画、所要量計算機能を標準搭載している点や、グローバル対応、基幹業務プロセスの一元管理ができる点などを挙げているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆