ニュース
» 2007年12月10日 17時51分 UPDATE

ユーザーから情報開示が評価された企業サイトは?

日本ブランド戦略研究所が12月10日に公表した「企業情報サイト調査 2007」によると、最も高いユーザー評価を得た企業サイトはトヨタだった。

[ITmedia]

 日本ブランド戦略研究所は12月10日、有力企業252社の企業情報サイトのユーザー評価を調べた「企業情報サイト調査 2007」を公表した。

 それによると、トヨタ自動車のWebサイトのユーザー評価が最も高く、2位には同一ポイントで、キリンビールとアサヒビールが入った。

企業情報サイト指数(CCサイト指数)ランキング
順位 企業名 業種名 スコア
1 トヨタ自動車 機械・輸送用機器 97.3
2 キリンビール 食品・水産 94.2
2 アサヒビール 食品・水産 94.2
4 カゴメ 食品・水産 94.0
5 本田技研工業 機械・輸送用機器 92.8
6 サントリー 食品・水産 91.4
7 松下電器産業 電機・精密 89.2
8 ハウス食品 食品・水産 87.8
9 TOTO 窯業 金属製品 ゴム製品 87.2
10 アサヒ飲料 食品・水産 86.8
11 ブリヂストン 窯業 金属製品 ゴム製品 86.7
12 ヤマハ その他製造 86.2
13 キユーピー 食品・水産 86.0
14 日清食品 食品・水産 85.3
15 キリンビバレッジ 食品・水産 85.2
16 東レ 化学・繊維 83.3
17 キッコーマン 食品・水産 83.0
17 旭化成 化学・繊維 83.0
19 味の素 食品・水産 82.3
20 シャープ 電機・精密 81.8

 同調査は、2007年10月にインターネットアンケート(有効回答1万2600人)を行い、業界別に抽出した企業情報サイトの「会社案内」「ニュースリリース」「技術・品質」「CSR・環境」「IR」「経営理念」の6コンテンツを閲覧、5段階で評価してもらった。総合評価として、これら評価の平均から企業情報サイト指数を算出したとしている。

関連キーワード

ブランド戦略 | トヨタ自動車 | CSR | 経営


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆