ニュース
» 2007年12月11日 19時45分 UPDATE

井筒屋、店舗間の情報格差解消に社内SNSを活用

井筒屋は売場ごとに偏在しがちな情報を共有するため、SNSを活用する。店舗間の情報格差の解消や、催事・イベントアイデアを共有し、充実を図る。

[ITmedia]

 百貨店大手の井筒屋は、売場担当者やバイヤーなどのコミュニケーション促進に向け、社内にSNSを導入した。

 社内の従業員だけでだけでなくバイヤーやテナント出店者も参加し、売場ごとに偏在しがちな情報をSNSで共有して、店舗間の情報格差を解消する。また、シフト勤務によって時間ことに断絶しがちなコミュニケーションをSNSでつなぎ、接客技術の向上や催事やイベントアイデアを共有して、充実を図る。

 Beat Communicationが提供するSNSパッケージを採用した。

 井筒屋経営戦略室マネジャーの進雄二氏は「小売業においては、顧客のニーズにいち早く対応し、品揃え・サービスを充実させることが競争力の源泉となる。シフト勤務制のため直接的なコミュニケーションには限界があるが、社内SNS通じてその壁を取り除きたい」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆