ニュース
» 2007年12月17日 11時20分 UPDATE

保護されないと絶滅する珍獣、ガラパゴス化する日本 (1/2)

日本企業はガラパゴス化してないか? NRIはそう警鐘を鳴らす。2015年、日本の内需は頭打ちになると同社は予測。BRICsと呼ばれる新興市場への対応が叫ばれるが、遅れが目立っている。

[堀哲也,ITmedia]

 少子高齢化により国内消費の伸びはかつてのように期待できない。日本企業のグローバル化の必要性が叫ばれているものの、特に非製造業のグローバル化の遅れは顕著だ。

 東洋経済新報社の『会社四季報』2007秋号によると、上場企業の2006年度の海外売上高比率は全業種平均で10.6%。製造業は20.2%とグローバル化が進んではいるが、非製造業は3.1%と遅れが目立つ。

吉川尚宏氏 野村総合研究所コンサルティング事業本部情報通信・金融戦略担当部長の吉川尚宏氏

 「いつまでも国内に依存していると大変なことになってしまう」と、野村総合研究所(NRI)のコンサルティング事業本部情報通信・金融戦略担当部長の吉川尚宏氏は警鐘を鳴らす。

 NRIの予測によると、日本の人口減少だけでなく、世帯数の減少も始まり、内需頭打ちが鮮明になるのが2015年。日中のGDPの逆転や、ASEANに経済共同体が設立されるなど、経済の1つの節目を迎える。このままグローバル対応に遅れれば、世帯の減少や高齢化による支出の減少で、大きな影響を受ける企業が続出しかねない、と危惧する。

成長著しい「坂の中の雲」を狙う

 「グローバル市場は今後BRICsに代表される“坂の中の雲”の成長が著しい」

 「坂の中の雲」とは、NRIの造語。司馬遼太郎の歴史小説『坂の上の雲』をもじった。日本は明治維新以来、欧米の列強に肩を並べようと、豊かさを求めてきた。これを象徴する1人当たりのGDPが3万ドルを超える先進国市場を「坂の“上”の雲」と呼び、それより下の3000ドル-5000ドル未満の新興国市場を「坂の“中”の雲」と呼んでいる。

 「坂の中の雲」には中国や旧ソ連邦の国々が入り、この市場が今後急速に伸びる唯一のエリア。この対応が遅れれば、今後の先行きは厳しいというわけだ。

絶滅の恐れ?

 日本企業が新興国に対応する際に危惧されるのは、「ガラパゴス化現象」だという。

 「坂の中の雲市場へは、日本固有の仕様や標準では進出できない。閉ざされた市場で独自進化ばかりを遂げた日本企業は、ガラパゴス諸島の珍獣のようだ。保護されないと生きていけない、一部の種は絶滅の恐れがある」と、吉川氏。

 その顕著な例が携帯電話だ。端末の機能やサービスは世界トップ水準にあるものの、グローバルでまったくシェアを持てていない。グローバルでは携帯電話の通信方式の約7割を占めるGSMに、積極的に対応してこなかったためとされるが、国内市場にとらわれた結果、日本の携帯電話端末メーカーすべてを合わせても、トップのNokia1社にもかなわないというほど、ガラパゴス化が進んでしまった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆