ニュース
» 2007年12月18日 15時24分 UPDATE

長崎県庁が指静脈認証を採用 地方機関にも展開へ

長崎県庁は職員ポータルシステムの本人認証に指静脈認証を採用。12月から運用を開始した。オープンシステムへの移行に伴い、本人確認を厳密化する狙いだ。

[ITmedia]

 長崎県庁は、職員ポータルシステムの本人認証に指静脈認証を採用した。12月から職員のログイン認証用として、2000台の運用を開始している。

システム利用イメージ システム利用イメージ

 本人認証の強化に向けて、指紋認証の一部導入を進めていたが、手荒れによって認証精度が低下するなどの理由から、非接触型の指静脈認証装置に切り替えて検討。認証の速さなどを決め手に、日立ソフトの静脈認証システム「静紋」を採用した。

 長崎県総務部理事情報政策担当の島村秀世氏は「ID/パスワードによる本人認証は、定期的な更新作業の未実施や、なりすましによる認証など、セキュリティ面に不安を残していた。電子県庁化のほかにダウンサイジングも進めており、あらゆる個人情報がオープンシステムへ移行していく。データベースの暗号化を行っているが、オープンな環境に移るため、本人確認は厳密でなければならない」とコメントしている。

 指静脈認証システムは12月から本格稼働しており、今後、本人認証を必要とするすべてのシステムを静紋と連携させる計画。地方機関に展開していく予定もあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆