ニュース
» 2007年12月21日 18時13分 公開

新日鉱HD、情報子会社をNTTデータへ経営権譲渡

新日鉱HDは、情報子会社セントラル・コンピュータ・サービスの発行済株式の60%をNTTデータへ譲渡する。

[ITmedia]

 総合資源・エネルギー企業グループの新日鉱ホールディングスは12月21日、100%出資の情報子会社セントラル・コンピュータ・サービス(CCC)の発行済株式の60%をNTTデータへ譲渡すると発表した。譲渡日は2008年4月1日を予定している。

 新日鉱HDは事業の「選択と集中」を進めており、本業でない情報子会社の経営権をITを専業とするNTTデータに譲り渡すことで、グループに対するITサービスの向上などを期待している。

 NTTデータは、CCSが持つエレクトロニクス業界や、自動車業界、組込ソフトウエア分野におけるシステム開発の実績を生かし、法人分野の競争優位性を高める。

 経営権譲渡後の社名は未定だが、NTTデータの名称を冠する社名になる予定。

 新日鉱HDは、石油事業のジャパンエナジーと、金属事業の日鉱金属を事業の柱としている。

関連キーワード

CIO | 経営


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆