ニュース
» 2008年01月10日 13時40分 公開

三井のリパーク、駐車場管理システムを刷新 稼働率やサービス品質向上へ

三井不動産販売は「三井のリパーク」の基幹システムを刷新。個別のシステムで管理されてきた駐車場データを一元管理し、稼働率やサービス品質の向上などにつなげる。

[ITmedia]

 三井不動産販売は1月10日、駐車場事業「三井のリパーク」に新統合基幹システム「Rism」(Repark information system for management)を導入したと発表した。個別のシステムで管理してきた駐車場に関する駐車場データを一元管理し、稼働率やサービス品質の向上などにつなげる。

 1999年に導入した全国駐車場の稼働状況をリアルタイムで発信できるオンラインシステム「インテリジェントゲートシステム」を拡張し、これまで異なるシステム管理してきた(1)駐車場稼働データ収集機能、(2)駐車場データ分析機能、(3)コールセンター支援機能、(4)管理業務支援機能――のデータベースを統合した。

「Rism」の体系系図

 また、駐車場の開設から運営に至るまでの情報共有や帳票類を発行する管理業務支援機能を統合したことで、今後の事業拡大に対応できる業務生産性の向上も狙う。

 開発は、ミッションクリティカルなシステムで実績のあるNECに委託した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆