ニュース
» 2008年07月25日 11時56分 UPDATE

6割がワークライフバランスを認知せず 内閣府調査

政府と経済界が力を入れて推進している「ワークライフバランス」。しかしながら、その活動は人々にあまり浸透していないことが明らかになった。

[ITmedia]

 内閣府は7月24日、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)に関する特別世論調査の結果を発表した。2007年12月に「ワークライフバランス憲章」を策定するなど、現在政府と企業が協力してさまざまな取り組みを進めているが、ワークライフバランスをまったく知らないという回答が約6割に上り、浸透度の低さを浮き彫りにした。

 同調査は、6月12日から22日の期間で全国20歳以上の男女3000人を対象に実施(有効回答数は1839人)。調査によると、ワークライフバランスという言葉について「名前も内容も知っている」との回答が9.8%、「名前は聞いたことがあるが、内容までは知らない」が26.6%、「名前も内容も知らない」が60.1%という結果になった。

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の認知度(内閣府資料より抜粋) 「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の認知度(内閣府資料より抜粋)

 仕事と家庭生活の優先度については、2007年8月の調査と比べて「仕事を優先したい」が11.2%から5.3%に減少し、「家庭生活を優先したい」が27.7%から29.9%と増加した。一方で、現状については「仕事を優先している」が27.7%から22.2%に、「家庭生活を優先している」が32.4%から33.7%となっており、仕事よりも家庭を優先する人が増えていることが明らかになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆