連載
» 2008年08月27日 08時15分 UPDATE

問われるコーチング力:リーダーが変革できない3つの理由 (1/2)

目まぐるしく変化するビジネス環境に合わせ、企業や組織も常に変革していかなくてはならない。その先頭に立つのがリーダーだ。しかしながら、“優秀な”リーダーであればあるほど組織にとって足かせになってしまうという。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

 盛り上がった北京オリンピックも終わりを迎えた。数々の真剣勝負に感動した人も多いのではないか。競泳の北島康介選手は、平泳ぎ100メートル、200メートルの両種目で2大会連続の金メダルを獲得した。彼のすごいところは、常に自己変革を続けていることである。

 金メダル獲得や優勝をしてしまうと、燃え尽きてしまうアスリートたちは多い。実際、北島選手もアテネオリンピック後は、スランプに陥り結果が出ないときもあった。しかし、さらなる目標を掲げ、フォーム改善に取り組み、今回の結果を生み出した。

 並外れた強い精神力を持っているということもあるが、日々の努力――自己変革があってこそ、実現できたものである。

自己変革が困難になる3つの理由

 前回、変化の激しいこの時代、ビジネスの現場でも、勝ち続ける組織を率いるリーダーには、仕事を楽しみながら真剣に取り組むとともに、常に問題意識を持って自己改革する姿勢が求められると述べた。ところが実際には、組織の上に行けば行くほど、行動を変えることが難しくなるという傾向がある。自己変革が困難になるのである。なぜだろうか。

 わたしは、以下の3つの理由があると思っている。

1. 成功者として自信がある

2. 楽観している

3. 苦言を呈する人がそばにいない


成功者として自信がある

 リーダーは自信を持っている。これまでずっと成功してきて、今までやってきた行動スタイルで、これからも十分にやっていけると思っているのである。また、自分はほかの人よりも優れていると思い込んでいて、実際に、他人よりも収入が多くこれまでの出世も早かった。なぜ成功しているのに、自分自身が自己変革をしなくてはいけないのか、これまでうまくいっていたのだから、これからもその方法でうまくいくと思ってしまう。

 こうなると、リーダーとしてはそこでおしまいである。なぜなら、世の中は常に変化していて、会社も組織も変化し続けているのである。会社はお客様が喜ぶことを常に考えなくてはいけない。そのためには、組織自体も成長し続けなくてはならないのである。

 例えば、テレビやIT機器などを考えてみると、古いものを買おうとする人はいない。いつも新しいものを欲しいと思っている。新しいものでなければ、誰も見向きもしない。常にお客様のニーズを読み取り、満足させる製品を開発し続ける。それに終わりはない。

 そこに立ち止まっているリーダーがいたとする。自分が成功者だとあぐらをかいているリーダーがいる。どうなるか。結果は一目瞭然である。その組織は衰退していくだけである。

 劇的な変化は必要ないときがあるかもしれない。順調に事業が育ち、業績も上がっている。そのときは、その成長の動きを止めないよう目配りをする。ただ、さらに成功したい、さらに業績を伸ばしたいと思っているならば、立ち止まってはいられないはずである。過去の成功に縛られず、先を読んで、新しいニーズを掘り起こす必要がある。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆