連載
» 2008年09月29日 08時45分 UPDATE

ミドルが経営を変える:【第7回】武家の歴史に見るミドルの力 (1/2)

これまで数回にわたり、日本企業においてミドルが経営者を退任に追い込んだ例を紹介した。実はこうした行動は今に始まったことではない。約300年前から既に日本のミドルは「公然」とトップに引導をわたしていたのである。

[吉村典久(和歌山大学),ITmedia]

「ミドルが経営を変える」バックナンバーはこちらから。


 このところ通勤電車では、「リーマン・ブラザーズ」や「AIG」といった言葉が躍る新聞紙面を頻繁に目にする(本連載が掲載されるころには、次の危機が到来し新たな金融機関の名がにぎわせているかもしれない)。少し視線を上げると「便利な都心にMBAコースを開設」との車内広告が目に入った。MBAの文字が引っ掛かり、『MBA式……』などといった本を開くと、「ファイブ・フォース、ポジショニング、リソース・ベース、ゲーム理論」という文字が並んでいた。

 今回の連載は、カタカナやアルファベットを駆使するビジネスの世界で働く人にとれば、古めかしく感じさせる文字、文章が登場する。例えば「御身持宜しからず御慎しみあるべし」あるいは「官吏はその職務につき本属長官の命令を順守すべし。但しその命令に対し意見を述(のぶ)ることを得(う)」のようなものだ。こうした古めかしいものが現代の経営改革のヒントになるのではないか。


 前回、ミドルの声をトップに届けるための仕組みとして、経営者の任免にミドルが関与させるための制度を紹介した。日本の武家社会の歴史をみると、実はこれに類似する慣行的な仕組みがあったことが分かる。

 国際日本文化研究センターの笠谷和比古教授によると、江戸時代の武家には主君と家臣の間に、現代人が武家社会に持つイメージにはそぐわない「主君押込」と称される行為が観察されたという*1。江戸時代の藩は、主君である藩主を頂点とするピラミッド型組織だった。われわれの多くが藩主は絶対的な権限を持つ存在で、君臣間の上下秩序は冒してはいけないものだと思っている。しかし実際は異なり、絶対的でも冒さざるものでもなかった。こうした事実が最近の歴史研究で明らかになった。以下では具体的な事例を通じて、主君押込なる行為がどのようなものであったか見ていく。

藩主を隠居に追い込む家臣たち

 主君押込の例の1つに、江戸時代の久留米有馬藩(21万石)での騒動がある。同藩は九州に位置する外様大名だ。18世紀ごろになると、財政はほかの藩と同様にひっ迫した事態に陥っていた。事態の打開が一刻も早く必要だったため、1706(宝永3)年に第6代藩主となった有馬則維(のりふさ)は、財政の再建と幕政改革に着手することになる。人事に手を入れ、若手人材の抜てき重用を行う(今でいう能力主義的な人材抜てき)とともに、従来から仕える役人48名のリストラを断行する。加えて、意思決定のメカニズムもてこ入れした。それまでの家老合議体制を改め、藩主自らが決定を下す仕組みとした。これにより、藩主のトップダウンで各種の改革が進められることとなった。

 家臣団に対しては、藩内に存在する彼らの知行地すべてを取り上げた。知行地とは、藩主から上級の家臣に対して与えられた土地のことであり、税金・年貢の徴収を含めて一帯を支配することが家臣側に認められていた。しかし知行地の取り上げにより、特権がはく奪され、藩の金庫からの給与支給の形に改められた。

 領民に対しては、新税や夏年貢(秋収穫の米以外の作物への課税)の増徴などを行った。これらは財政再建のためであるとともに、井せきの改修や新田開発など領内の各種事業の推進を目的とした財政収入の増強策だった。

 しかし、藩主の強引な諸施策に対して、家中、領民の間からうらみや嘆きの声が噴出した。特に夏年貢の税率を急激に上昇したことは、農民から激しい反発を買うこととなる。1728(享保13)年8月、久留米藩内一円に5000人超の農民一揆が勃発し、久留米藩は収拾不能の混乱に陥った。

 この混乱に際して家老の稲次正誠(いなつぐ・まささね)は、藩の存亡をかけて事態の収拾に乗り出した。混乱の原因となった抜てき重用者を捕らえ、新税を停止し、失政の責任者である藩主則維を強制的に隠居に追い込んだのである。新藩主には則維の子を立て、藩存亡の危機を脱することに成功した。


*1 今回の連載は、笠谷教授の研究成果に依拠する所が大きい。教授の研究のうち、今回の連載に関係する出版物としては、例えば以下がある。メインあるいはサブタイトルからも察せられるように、そのいくつかは単なる歴史書ではない。日本の歴史を振り返り、それを糸口として現代日本の抱える諸問題の解決策を考えていこうとするものである。一読をお薦めする。『武士道と現代−江戸に学ぶ日本再生のヒント』(扶桑社文庫、2004年)、『武士道と日本型能力主義』(新潮選書、2005年)、『主君「押込」の構造―近世大名と家臣団』(講談社学術文庫、2006年)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆