ニュース
» 2008年11月04日 11時15分 UPDATE

ワークライフバランスへの取り組み、7割の企業が未着手 エン・ジャパン調べ

2007年12月に「ワークライフバランス憲章」を策定するなど、政府が力を入れるワークライフバランス。果たしてその浸透具合はいかに?

[ITmedia]

 転職サイト運営のエン・ジャパンは10月31日、会員パートナー企業484社を対象にしたワークライフバランス(仕事と生活の調和)に関する調査結果を発表した。7割近くの企業が取り組んでいないことが分かった。

 調査によると、実際に取り組んでいる企業は全体の36%で、意識しているが未着手の企業は21%、取り組んでいない、または意識していない企業は合わせて43%だった。

 着手した企業の取り組み理由については、育児や介護のための短時間勤務制度(80%)、介護休暇制度(77%)、長時間労働の改善(68%)が上位を占めた。

ワークライフバランスの取り組み内容 ワークライフバランスの取り組み内容

 今後については、引き続き対処するとの回答が29%、状況を見て対処するとの回答が59%と、9割近くがワークライフバランスの取り組みに意向を示していることが分かった。

 同調査は、2008年8月27日〜9月23日の期間で実施。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆