連載
» 2009年02月18日 07時45分 UPDATE

問われるコーチング力:感情に流されるリーダーになるな (1/2)

リーダーが自己変革を遂げるためには、大きな壁を乗り越える必要がある。その緊張感から逃げ出してしまうのではなく、楽しみに変えてしまうような心構えが重要だという。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

 企業が業績予想を次々と下方修正している。トヨタ自動車が2009年3月期の最終損益を3500億円の赤字(業績データ公表以来初の赤字)になる見通しを発表し、日産自動車も2650億円の赤字予想、加えて2009年度中の2万人の人員削減を発表した。高画質の液晶テレビで市場をけん引していたシャープも1000億円の赤字に下方修正している。これから欧米企業の決算が発表されるが、厳しい状況は続くだろう。

 前回、ピンチをチャンスととらえることが大切だと話した。今回は、このような時代において、リーダーにぜひ知ってもらいたい概念を紹介する。「クリエイティブ・テンション(創造的緊張)」「エモーショナル・テンション(感情的緊張)」である。

クリエイティブ・テンションとエモーショナル・テンション

 クリエイティブ・テンションとは、マサチューセッツ(MIT)工科大学のピーター・M・センゲ教授が提唱したものである。『フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」』(日本経済新聞出版社刊)では、次のように書かれている。


 リーダーシップは、「クリエイティブ・テンション」を保持する能力から生まれる。クリエイティブ・テンションとは、個々がビジョンを明確にして、(能力の及ぶ限り)現実の状況についての真実を語るときに生み出されるエネルギーのことである。

 (中略)

 自分の「ありたい姿」をビジョンとして描き、現状を明確にとらえると、ビジョンと現状のギャップが明確になる。このギャップ(緊張、テンション)は解消しようとする方向に向かう性質があり、それが個人の成長を促す源になることから「クリエイティブ・テンション」(創造的緊張)と呼ばれる。この「クリエイティブ・テンションを意識して選択をする」行為は、すなわち、自分の望む結果を生むために真剣に取り組むことであり、〈自己実現(マスタリー)〉の主要な実践法になっている。


 現在の自分と思い描く姿にギャップがあり、それを埋めようとする。それがいい緊張感となり、達成しようと努力したときに大きな成長を遂げるのである。これがクリエイティブ・テンションである。

 一方、現在の自分と思い描く姿にギャップがあると、達成できないと感じ(エモーション)、それに到達するために努力するのではなく、目標を下げたり、ゴールを作らなかったりする人がいる。これがエモーショナル・テンションである。自分のプライドや恐れ、不安、感情に流されてしまうのである。このようなリーダーについていきたいと思う部下はいないだろう。

クリエイティブテンションとは? クリエイティブテンションとは?

 リーダーたちは、自分の職務を遂行できないのではないか、結果は残せるだろうかなど、さまざまな不安を抱えている。経営者たちは、厳しい経済状況の中で、会社が存続していけるだろうかという不安にさいなまれている。不安になると、入ってくる情報に対して過敏になり、人の話を聞かなくなる。そして、安心感を得るために、不安な気持ちを誰かにぶつけたくなり、つい部下や家族に八つ当たりしてしまうといった悪循環に陥る。厳しい時代だからこそ、センゲ教授が言う、この緊張感を楽しむ――クリエイティブ・テンションが求められているのである。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆