ニュース
» 2009年06月10日 07時00分 UPDATE

2009 JavaOne Conference Report:次回開催はどうなる? 今年のJavaOneを振り返る (1/5)

いろいろな思いを乗せて始まった開発者向けイベント「2009 JavaOne Conference」が終了した。写真特集で振り返ってみよう。

[伏見学,ITmedia]

 米国・サンフランシスコにて6月2日から開かれていた米Sun Microsystems主催の年次イベント「2009 JavaOne Conference」は全日程を終え、6月5日の午後に幕を閉じた。

 JavaOneの前日に行われた開発者向けイベント「2009 CommunityOne Conference」や、JavaOne初日の模様などは既に伝えた通り。最終日にはJavaの生みの親であるSunのフェロー、ジェームズ・ゴスリング氏による恒例のセッション「James Gosling's Toy Show」で最先端の技術などが紹介された。

 セッション終了後には、会場に残っていたSunの社員たちがステージに上がり記念撮影するといった珍しい光景も見られた。関係者によると、過去にこうした例はなかったとのことだ。米OracleによるSun買収で来年以降のイベント継続が危ぶまれる中、この写真撮影は一抹の寂しさがあった。さまざまな思惑が交錯した5日間を写真で振り返る。


JavaOne最終日のゼネラルセッション後に行われた記念撮影。果たして次回開催はあるのか JavaOne最終日のゼネラルセッション後に行われた記念撮影。果たして次回開催はあるのか
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆