ニュース
» 2009年11月12日 08時00分 UPDATE

クラレ、環境配慮型人工皮革の新生産システムを稼働開始――「クラリーノ」ロゴマークも刷新

クラレは、環境配慮型人工皮革の新生産システム「Clarino Advanced Technology Systems」の量産設備が稼働を開始したと発表した。製造工程の短縮により、従来品比でCO2を約35%、排水量を約70%削減できるという。

[栗田昌宜,環境メディア]

 クラレは11月9日、環境配慮型人工皮革の新生産システム「Clarino Advanced Technology Systems」の量産設備が稼働開始したと発表した。同社は2015年を目標に、人工皮革を製造する岡山工場の全製造工程を新生産システムに切り替える計画。

 また同社は環境配慮型人工皮革の生産開始に合わせて、人工皮革ブランド「クラリーノ」のロゴマークを刷新する。新ロゴマークには環境保全に対する同社の姿勢やブランドの価値・役割を込め、「美しく澄んだ水」をイメージさせるライトグリーンのシンプルなデザインを採用した。

人工皮革ブランド「クラリーノ」の新ロゴマーク(左)と旧ロゴマーク(右) 人工皮革ブランド「クラリーノ」の新ロゴマーク(左)と旧ロゴマーク(右)

 同生産システムでは、同社が独自開発した水溶性ポリマー(エクセバール)を人工皮革では世界で初めて使用。製造工程から有機溶剤の使用をなくしたことで、従来比で99%以上のVOC(揮発性有機化合物)を削減した。また、製造工程を最短で約5分の1に短縮したことにより、従来品比でCO2を約35%、排水量を約70%削減できるようになったという。

関連キーワード

環境配慮 | ブランド戦略 | 二酸化炭素


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆