ニュース
» 2010年01月22日 12時00分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブ セミナーリポート:GEのIT戦略に学ぶ (1/2)

厳しい経済状況の中、IT予算もコスト削減を強く求められている。しかし、確固たる戦略もなく単純に予算を切り詰めていては、将来的な自社の成長の芽も摘んでしまう結果になりかねない。「正しいコスト削減」とは、どのような方向性のものなのか。

[岡田靖,ITmedia]

 130年以上の歴史を持つ世界最大のコングロマリット(複合企業体)、GE。ダウ平均株価が1896年にスタートした当初から指定銘柄とされ、かつ現在まで残る唯一の銘柄としても知られる。そうした真のグローバル企業であるGEではどのようなIT戦略をとっているのか。2009年12月4日に開催された「第11回 ITmedia エグゼクティブセミナー」で、GEキャピタルジャパン 執行役員CIO(最高情報責任者)の松本良之氏が、その一端を語った。

「革新と規律」の伝統を守るGE

「GEは、明確な意図の下に革新を続けながら規律を重んじる経営を、130年にわたって大切にし続けている企業。革新と規律、それがGEの伝統だ」と松本氏は言う。

GEキャピタルジャパン 執行役員CIOの松本良之氏 GEキャピタルジャパン 執行役員CIOの松本良之氏

 革新は、製品やサービスの研究開発だけのことではない。同社は業務改革にも積極的に取り組んでいる。近年では、前CEOジャック・ウェルチの時代から、20年以上におよぶ改革を進めてきた。

「改革は段階的に進められ、最初は『Work-Out』と呼ばれる作業から始まった。いささか官僚的になり、硬直化していた体質を改めるためのもので、それまでの業務の中で意味のないこと、やらなくてもいいことを探し出し、なくしていった。それから合理化やコスト削減、プロセス改善などを、『CAP』という手法で実現している」(松本氏)

 CAPとはGE独自の用語で、「Change Acceleration Process」の略。組織や仕事を変えていくための取り組みだ。こうした変化には、しばしば抵抗する人たちがいるものだが、GEでは、そうした人たちに対応する手法を独自のテキストにまとめ、それを用いて各部署から選ばれた変革推進者を教育したという。同じ部署の人たちを通じて抵抗を抑え、組織や仕事の変化を浸透させていったのである。

 さらにその後はシックスシグマなど、より高度な取り組みへとステップアップしていった。こうした一連の業務改革にはITも深くかかわっている。GEのIT戦略は「内部統制」「インフラ標準化」「プロセス改善」「生産性の向上」という4つのテーマで構成されているという。松本氏は、これら4つのテーマに沿って、GEの取り組みをいくつか紹介していった。

人事情報システムにみるIT戦略

 GEは現在、「GEエナジーインフラストラクチャー」「GEテクノロジーインフラストラクチャー」「GEキャピタル」「NBCユニバーサル」という4つの事業セグメントを擁している。世界中に拠点を持つグローバル企業であり、企業買収も頻繁に行っている中で、伝統である規律を徹底するためにITが活用されている。IT活用にあたり、内部統制、インフラ標準化、プロセス改善、生産性の向上という4つのテーマに力点が置かれた。

「5年ほど前に人事情報DBの統合を行ったが、3〜4年の期間を費やした上に、ものすごい努力が必要な取り組みだった」と松本氏は言う。人事情報の統合は大切だと誰もが認めるものの、いざ実施しようとすると、買収した部門が持っていた文化や、各国の地域性などを理由に反対される例が少なからずあったのだ。最終的には、米国のSOX法のような内部統制の必要性からその利用が徹底された。

「こうして全社の統合人事DBを作り上げ、インフラを標準化することができた。それを元にアクセス管理や情報管理を実施し内部統制を確立した。人事システムも全世界の従業員をまったく同じ基準で評価し、世界規模での人材最適配置を行うという経営理念がより徹底され、人材の国際的な最適配置による成長の活力が生まれた。また、このように統合された人事DBは、プロセス改善につながっている。これにより、業務プロセスやワークフロー、グループウェアなどのシステムも整備し、生産性の向上を図っていった」(松本氏)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆