ニュース
» 2010年06月28日 14時38分 UPDATE

GartnerColumn:ビジネスによってITガバナンスはどう変化するか(3)

事業の方向性の相違によりITガバナンスがどのように変化するのかについて、3回に分けてご説明します。今回は3回目です。

[小西一有(ガートナー・ジャパン),ITmedia]

 事業の方向性の相違によりITガバナンスがどのように変化するのかについて、3回に分けてご説明します。第1回第2回はこちらです。

高い成果を上げている企業はITガバナンスをビジネスに結び付けている

 高い成果を達成している企業は、ITガバナンススタイルに自社のビジネスの方向性を反映させています(エグゼクティブの支持を得たIT活用によるシナジー向上アプローチをITガバナンススタイルに反映させている企業もあります)。この目的は、自社のビジネスの方向性に沿ったITガバナンスを確立して、ビジネスを支援することです。自社のビジネスの方向性に配慮した意思決定スタイルを採用し、企業価値を高めるようなメカニズムを選択しています。また、企業の行動基準に即した単純な伝達手法を活用しています。

自社に最適なITガバナンスを策定するために

 第1に、いずれの状況においても数多くのメカニズムが必要となることを忘れてはなりません。例えば、事業部門とIT部門の共同による意思決定を可能にする審議会または委員会は常に必須です。3つのビジネスの方向性(シナジー、アジリティ、自立性)の違いによって異なるのは、委員会や審議会のメンバー構成、活用法、企業内の設置場所、そして責任の範囲と本質です。

 第2に、財務・人事・ITなどの業務機能は共通のインフラを提供することが期待されます。より自立性志向の強い企業でさえ、全社的なインフラやビジネスを支援するインフラにおけるシナジーをより一層高めることが、ITガバナンスの責務として課せられる場合があることに注意が必要です。

ITガバナンス策定のためのステップ

 まず、貴社の現状を評価する必要があります。そして、貴社の現状を評価し、その結果に基づいて行動します。

  • ステップ1:貴社において本流となっているビジネスの方向性を評価する
  • ステップ2:貴社の現状のITガバナンスマトリックスを完成させる
  • ステップ3:貴社の意思決定スタイルと最重要メカニズムの現在の利点を検証する
  • ステップ4:高成果達成企業の事例を参考に、貴社にとって最も重大な弱点を強化するためのプランを策定する
  • ステップ5:主要なステークホルダーと連携してこのプランを実行に移す

 ステークホルダーの賛同の不十分さが、深刻な「弱点」であると判断される場合があります。そのような場合は、プロセスやプロジェクトなど、ある1つの限定的な領域において現状より効果的なガバナンスを確立することに取り組みます。選択する領域は、取り組みが極端に困難ではなくCIOの影響力が発揮される領域とします。領域を特定したら小規模で適正なガバナンスを構築し、好しい実例について学習し、さらに貴社のエグゼクティブやチームに模範として提示します。

 貴社のビジネス・ガバナンスの定義があいまいであったり、意思決定権が不明瞭で説明責任の所在が紛らわしい場合があったりという事実を、CIOが実例を示して適切なガバナンス制定を主導します。

著者プロフィール:小西一有 ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP)エグゼクティブ パートナー

小西一有

2006年にガートナー ジャパン入社。それ以前は企業のシステム企画部門で情報システム戦略の企画立案、予算策定、プロジェクト・マネジメントを担当。大規模なシステム投資に端を発する業務改革プロジェクトにマネジメントの一員として参画した。ガートナーでは、CIO向けのメンバーシップ事業「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」の日本の責任者を務める。


アンケート
記事をお読みいただきありがとうございます。
本コラムは、今後も読者の皆様の一助となるようなコラムにしていきたいと考えておりますので、
読者の皆様のご意見やご質問、ご要望などいただければ幸いです。


質問1) この記事の感想を教えてください。(必須)

質問2) 1の理由を教えてください。

質問3) 筆者への質問があればお願いします。

質問4) 今後、とりあげてもらいたいテーマがあれば教えてください。

質問5) 一番近い役職を教えてください。
 ITユーザー企業:
 
 
 
 情報システム子会社企業:
 
 ITベンダー企業:
 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆