ニュース
» 2010年09月30日 08時59分 UPDATE

生き残れない経営:ドラッカーの真意と夢にまでうなされたプロフィットセンターの実態 (1/3)

ドラッカーは難解だ。例えば、ドラッカー理論の最も基本的な部分「企業の目的は顧客創造である」に関わるテーマであるが、筆者が若い頃から嫌というほど経験し、泣かされてきた。

[増岡直二郎,ITmedia]

増岡直二郎氏による辛口連載「生き残れない経営」のバックナンバーはこちら


 今、P. F. ドラッカーが静かなブームだ。ドラッカーの著書が、書店やインターネット販売で結構売れているし、念のため調べてみると身近な図書館では大体「貸出し中」だ。それは、「もしドラ」(岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」ダイヤモンド社)の影響かもしれない。いずれにせよ、ドラッカーが広く読まれていることは、悪いことではない。

 ドラッカーがその著『マネジメント』の中で、マネジメントする人の課題と仕事を解説しているが、マネジメントする人はトップマネージャーとは限らず、小さな事業単位に責任を持つ職長も含むとしている。従って、トップや経営者に限らず世の管理者たちが、ドラッカーに接し、ドラッカーを理解しようとすることは、大変良いことである。

 しかし、ドラッカーは難解だ。その理論を真に理解して実行に移そうとなると、そうそう容易ではない。例えば、ドラッカー理論の最も基本的な部分「企業の目的は顧客創造である」に関わるテーマであるが、筆者が若い頃から嫌というほど経験し、年から年中泣かされ、夢にまでうなされてきた「企業収益」に絡んで、ドラッカーを学ぶほどにあるときは納得し、ある時は大きな疑問を持つ「プロフィットセンター」についてである。

 「プロフィットセンター」なる言葉は、ドラッカーが使い始めたそうである。

 「はるか昔に、わたしはプロフィットセンターなる言葉をつくった。いまではそのことを恥ずかしく思う。なぜならば、社内にあるものは、プロフィットセンターではなくコストセンターにすぎないからである。プロフィットは外からしかやってこない。顧客が注文をくれ、支払いの小切手が不渡りにならなかったとき、ようやくプロフィットセンターをもてたといえる。それまでは、コストセンターを手にしているにすぎない。」(P. F. ドラッカー著、上田惇生訳「ネクスト・ソサエティ」ダイヤモンド社 2002年5月)

 このセリフ、もっともらしく聞こえるが、本当にそうだろうか、外にあるのは「プロフィットの源」であって、「センター」は社内になければプロフィットをコントロールができないのではないか。それは、筆者の切実な経験から言えることである。ドラッカーを字面だけから解釈せず、意訳しなければならない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆