連載
» 2011年02月16日 18時00分 UPDATE

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:実践のための秋山真之の勉強法 (1/2)

要点だけを学ぶ。学ぶだけではなく実行することが大切である。実行には勇気が必要である。

[古川裕倫,ITmedia]

秋山真之の勉強法

 日露戦争の勝敗を決定付けたともいえる日本海海戦での名参謀が秋山真之である。

頭脳明晰といわれた真之の勉強に対する考え方を紹介したい。

「人の頭には上下などない。要点をつかむという能力と、不要不急のものはきりすてるという大胆さだけが問題だ」(『坂上の上の雲』、司馬遼太郎、文春文庫、2巻59頁)


 真之は、優秀であるかどうかは、人の頭の良し悪しではなく、勉強のやりかたであるとしている。つまり、

(1) 要点をつかむ能力を高める

(2) 不要な部分を切り捨てる大胆さを持つ

 海軍兵学校を主席で卒業した真之は、学校での試験問題の多くを事前に予測・的中させたという。

 最近は、インターネットの発達もあり、多くの情報を瞬時にして入手できる。むしろ、情報過多の状況下、何が大切であるかをしっかりと見極め、余計な部分に振り回されない選球眼が必要である。 

自分の不要な時間も切り捨てよう

 真之は重要ではない部分を切り捨てて学べと言っているが、わたしはもうひとつ切り捨てるべきものがあると思っている。自分の時間の使い方である。

 われわれは、「忙しい」を連発する癖がある。勉強の重要性は頭では分かっているのだが、忙しいことを勉強しない言い訳にしていることが多い。若手に勉強や読書を勧めても、「時間がない」との返事が戻ってくる。

 兄の秋山好古の「生まれてきたからには一事を成せ」「単純明解に生きよ」という言葉にそのヒントがあると思う。

 われわれは、余計なことを普段からたくさんしているのではないか。だから勉強をする時間がないと思ってしまう。人間だれにも平等に1日24時間が与えられているのであり、それをどう使うかが問題である。

 自分の過去を振り返ると、恥ずかしながら、ずいぶん余計なことに時間を費やしてきた。ある球団の大ファンでスポーツ新聞を隅から隅まで毎日1時間もかけて読んでいたが、ある時自分がいくら応援しても優勝にはつながらないとあきらめて、新聞購読を止めたら、読書の時間ができた。

 学生時代から続けていたパチンコも止めたら、週末の自分の時間がぐんと増えた。いずれ再開するつもりだが、ここ10年ほどゴルフも休止している。その後、振り返ってみると書物との付き合いがずいぶん深くなった。

 友人や若手から時間がない、忙しいと聞くと、自分がやっている余計なことを切り捨てることを勧めているが、いかがであろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆