ニュース
» 2012年02月27日 15時12分 UPDATE

電子政府世界ランキング、日本は8位に後退

早稲田大学「電子政府世界ランキング2012」の調査結果で、米国、シンガポールが同率1位、日本は6位から8位に後退。

[ITmedia]

 早稲田大学電子政府・自治体研究所は、8回目となる「早稲田大学電子政府世界ランキング2012」の調査・研究の結果を公表した。日本は6位から8位に後退。米国、シンガポールが同率1位だった。

 主要55カ国を対象に電子政府進捗度を調査・研究した結果、トップ10は、1位が米国、シンガポール、以下3位以降は、韓国、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、オーストラリア、日本、英国。10位は台湾とカナダだった。

 特徴をキーワードで表わすと「ソーシャル・メディア」、「オープン・ガバメント」、「市民参加」、「防災BCP」、「サイバー・セキュリティ」、「BigData」、「モバイル政府」、「クラウド・コンピューティング」だった。

 日本は前年より2ランク下げて8位であったが、主な理由としては、民主党政権による厳しい事業仕分けを受けてICT 施策の優先順位や位置付けが不透明になった点と、府省の電子申請などオンライン利用率の低い事業の見直し点検が行われた点、IT戦略本部をはじめ政治リーダーシップが電子政府分野でダイナミックに発揮されなかった点、などが挙げられる。

■早稲田大学電子政府世界ランキング2012

順位 国名 得点
1 米国 93.8
1 シンガポール 93.8
3 韓国 91.5
4 フィンランド 88.7
5 デンマーク 86.5
6 スウェーデン 84.1
7 オーストラリア 82.8
8 日本 81.5
9 英国 81.0
10 台湾 80.1
10 カナダ 80.1
12 ドイツ 79.2
13 ニュージーランド 76.7
14 ベルギー 75.2
15 スイス 73.5
15 ノルウェー 73.5
17 フランス 71.9
18 イタリア 71.3
19 エストニア 70.8
20 オランダ 69.0

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆