連載
» 2012年04月21日 09時00分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:スタウトに込められた情熱の歴史――「ギネスの哲学」

福利厚生の一環として独身社員にデート代を補助する、それがギネスビールを作り出している会社の経営方針なのだ。

[ITmedia]

 読者の皆さんは「ギネス」といえば何を思い浮かべるだろうか。おそらく大半の方が「ギネスビール」、あるいは世界一の記録を集めた「ギネスブック」と答えるだろう。だがギネスを生み出した企業(旧ギネス社・現ディアジオ社、日本ではキリン・ディアジオ社)が、1759年の創業以来、数々の社会貢献事業を行ってきたことはあまり知られていない。

『ギネスの哲学 地域を愛し、世界から愛される企業の250年』 著者:スティーヴン・マンスフィールド 訳者:おおしまゆたか、定価:2310円(税込)、体裁:四六判上製 336ページ、発行:2012年3月、英治出版 『ギネスの哲学 地域を愛し、世界から愛される企業の250年』 著者:スティーヴン・マンスフィールド 訳者:おおしまゆたか、定価:2310円(税込)、体裁:四六判上製 336ページ、発行:2012年3月、英治出版

 アイルランド初の日曜学校の創設、地域社会の貧困削減事業、大飢饉の対策といった地域社会に貢献してきただけでなく、1日あたり2パイントまで無料でギネスビールを提供したり、独身社員のデート代まで補助したりという福利厚生の整備など、事業で得た利益をあらゆる場面において還元してきたことが明らかになっている。しかもこれらはすべて、CSR(企業の社会的責任)という言葉が生まれるはるか以前の話だ。

 社会貢献だけでなく、ビジネスという点においてもギネスは突出していた。イギリスの小さな属国であったアイルランドから生まれたビール「ギネス」は、いまや生産49カ国、販売150カ国という、まぎれもなく世界トップクラスの商品となっている。しかも、創業から160年間、1920年代までは広告宣伝をいっさい行っていない。それは商品の質のみの向上を目的として数々の技術革新を行い、顧客との密接な関係を大事にしてきたからにほかならない。

 そもそも、あまりビールを好きではなかった米国のノンフィクション作家、スティーヴン・マンスフィールドが本書を著したのは、この企業の稀有な歴史に魅せられたからだ。

「儲けたければ、まわりを儲けさせる人であれ」

 ギネスの経営者の一人が語ったとされるこの言葉が、「ギネスの哲学」を端的に表していると著者は言う。この哲学、あるいはビジョンは現代まで脈々と受け継がれている。これこそが世界に愛されるブランドを作り上げたゆえんだろう。この言葉はビジネスそのものの本質を突いている。金を儲けたから社会貢献するのではない。まず他者に寄与してこそ自らの繁栄にもつながるという考え方は、経済や社会の持続性を考えるときに欠かせない視点である。

 あらゆる企業がビジョンを持っているものの、それを体現できている企業はどれくらいあるのだろうか。決まり文句の言葉に堕していないだろうか。250年の間絶えることなく、ローカルからグローバルへ成長し、多くの人々を救い、世界の中で揺るぎないブランドを確立したギネスの物語は、これからの企業経営にも学ぶところは多いはずだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆