連載
» 2013年07月18日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:声を変えれば、うまく話せる!――「声」の認知的不協和を解消せよ!! (1/2)

せっかくいい話をしているのに一本調子でメリハリがないのは聞き手の心に残らない。相手の心に残る話し方とは。

[司 拓也、堀澤 麻衣子,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


話が一本調子で大事なポイントが伝わらない

130718book.jpg 「1日でできる!声を変えれば、うまく話せる!」

 話をしているうちに「もう少しゆっくり!」「大切なポイントが分からない」などと言われたことありませんか?

 自分のペースで早口で話してしまい、聞き手の心に残らない話し方になってしまう時は、聞き手のことよりも、「自分が言いたい」という思いが先にきている場合が多いようです。

 せっかくいい話をしているのに、話が一本調子でメリハリがないのはもったいないこと。

 実は頭の回転が早い人、本を速読できてしまう人ほど話が一本調子になりがちなのです。相手を「自分と同じ理解力がある大人」と思って話すと、聞き手の心に残りません。

3saiji.jpg 話が相手の心に残らない

聞き手は3才 

4enji.jpg 3歳の幼稚園に話す

 相手の心に残る話し方をするには、まず相手のイメージを変える必要があります。

 聞き手を「3才の幼稚園児」と思って話してみましょう。3歳の子どもに「むかーし、むかし あるところに、おじいさんとおばあさんが……」と読み聞かせるようなペースで話し始めましょう。

 最初は、内容よりも、あなたと、あなた自身の声を、相手に慣れさせる必要があります。ゆっくりと話し始めることによって、「わたしは一方的に情報を届けるのではなく、あなたに理解してもらいたいのですよ」というメッセージを送ることができます。

 そのメッセージは「この人はわたしが分かるように気づかって話してくれている」「わたしのことを大切に思ってくれている」と聞き手の潜在意識に受け止められるようになるのです。

スピードと音色を変えて、メリハリをつける

 ゆっくり話しはじめて聞き手を安心させることができたら、そこからは相手の表情を見ながら少しづつスピードを上げていっても大丈夫です。ただし、「ここ」という重要ポイントを伝えるときは、話すスピードを極端にゆっくりにすることが大切です。

 例えば「話し方を磨くことは大切ですが、声を磨くことでさらに説得力のある話し方ができるようになります」とういう文章を、ただ話すだけでは相手にどこが大切かを記憶させることはできません。

 何を一番相手に訴えたいのかを考えましょう。

 ここで相手に最も伝えたいポイントは、「声を磨くこと」です。「声を磨くこと」という部分のスピードを遅くし、スローモーションのようにゆっくり話すことで相手の脳にインプットできるのです。

大事なことはのどの奥で話す

5nodo.jpg のどで話す

 さらに、大切なポイントを伝えたいときは「喉の奥に口がある」と思って話してみましょう。

 のどの奥に口があってそこから話しているイメージをすると、喉が開き、胸で声が響き合い、重厚感のある響きをもった周波数の「声と話し方」に切り替わります。

 高い声で悩んでいるという男性や、キンキンした声になってしまうという女性にも、この「のどで話す」という方法は落ち着いた声に切り替わるという効果があります。喉や口周りの余分な緊張感が取れ、聞いていて心地いい、説得力のある声が、自然に生まれるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆