連載
» 2014年01月16日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:発想をカタチにする技術――新しさを生みだすありきたりの壊し方 (1/2)

次々とヒットを飛ばす「サラリーマンNEO」「あまちゃん」ディレクターも最初は評価されていなかった。面白いアイディアを持っている、新しいことをしたいがどうすればいいのか。まずは自分の「枠」を取り払ってみよう。

[吉田照幸,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


 頑張っているのに、認められない、ということはあります。

140116book.jpg 「発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり”の壊し方」

 何か新しいことをしたい、自分のアイデアを生かしたい、と思っていても会社の「前例がない!」「そんなのムリに決まってるだろう」という声に打ち消されてしまう。それは、もったいないことだと思います。誰もが面白いアイデアを持っているし、やり方が分かれば「これが自分の仕事だ」と思えるものができるはずです。「発想をカタチにする技術」は、そんな、(ある意味)仕事で悶々としている人のために書きました。

 ぼくは、今でこそ「サラリーマンNEO」(サラリーマンを題材に個性は俳優がシュールな笑いを演じるコント番組。NHKの番組自体をパロディにするなど、従来のNHKからしたら異例な内容で、シーズン6まで続き、国際エミー賞にまでノミネートされました)という、多くの方に愛される番組を作り、ヒット作「あまちゃん」にも関わることができましたが、当初はなかなか芽が出ませんでした。紅白歌合戦で同期がフロアでディレクターをやっている中、ぼくは「レコード大賞」の会場からNHKホールまで歌手の方を連れてくる役目。要は、評価が悪かったんです。どうしたら、ここから抜けられるだろうと思っていました。

 で、気がつきました。自分は「枠の中」だけで仕事をしようとしていたんだと。そのためには、まず「こんなことをやりたい!」と手を挙げることなんです。でも、手を挙げたもののうまくいかないこともあります。

 コツは、以下の3つです。

(1)自分から離れる

(2)新しいことをやりたいなら、新しいことをやろうとしない

(3)仕事の目的を忘れない

(1)自分から離れる

 人から認められようとすると、どうしても何か抜き出たことをやろうとか、「自分が自分が」という意識が強くなります。でも、それは実は「認められる」ということから離れていくんです。

 例えば、上司に何か提案をした際、反対されたとします。そのとき「イヤな上司だ」と思いますか? (まあ、思いますよね)。でも、その上司の言葉をどう受け取っていますか? 相手の話は聞き流して、自分の意見ばかり主張していませんか?

 上司の話でも、よく聞いていると真っ向から反対しているのではなく「ここは分からない」とか、「こういうふうになると困る」とか、部分的な否定であることも多いわけです。だったら、それを解決してあげればいい。すると、自分以外の人との共感のパイプが強くなり、あなたの意見は多くの人に認められるものになります。

 ぼくは、自分が作ったものに対するいろいろな人の意見を、その人ごとにメモして、「みんなが共通に感じている問題点」を考えることにしています。それぞれの言葉は違っていても、「問題」の根っこは同じこともあります。冷静に見ていけば、よりよくするための突破口は見つかります。

 なお、よく交渉の本では相手のメリットを提案する、などとありますが、組織の中では「相手の不安や恐怖」を解決してあげる、というのも効果的だと思います(「サラリーマンNEO」の企画を通した話を含め、このあたりは本書で説明をしていますので、ぜひご一読ください!)。

 少し話が脱線しましたが、「共感」を持ってもらうには、人の声に耳を傾けること。そして、エゴ=自分から離れること、です。自分がいくら「よい」と思っていても、人の共感を得られなければただのエゴです。

 「サラリーマンNEO」の企画の発端も、友人の「コントが見たいな」という一言でした。提案会議では自分が万全の用意をして出した企画ではなく、こっちの企画が通った。もうね、そんなものなのだと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆