連載
» 2014年08月27日 08時00分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:相手7、自分3の聞き上手になる──大切なのは「またあの人に逢いたい」と思わせること (1/2)

気持ちよく話して帰る道すがら、今日はおもしろかったなと思う。その中には相手の気配りが溢れている。どうすればおもしろい話ができるようになるのか。

[山下竜大,ITmedia]

 「ITmediaエグゼクティブ勉強会」に、放送作家 戦略コンサルタントである野呂エイシロウ氏が登場。『「話のおもしろい人」の法則』をテーマに、おもしろい人のテクニックを紹介した。

話がつまらない人とは?

noro2901.jpg 放送作家 戦略コンサルタントの野呂エイシロウ氏

 美男・美女(俳優・女優)、政治家、社長の話は「つまらない」ものが多い。つまらない話の代表が、「俺の若いころは……」である。しかも戦後の話をされても分からない。また戦国武将のたとえ話や、やたらに坂本龍馬の話をされるのも退屈である。

 さらに無名の先祖の話も困る。話す前からひとりで笑うのもやめてほしい。そのほか、天気の話、口がくさい、歯の治療跡が汚い、鼻毛が出ている、オチがない、つまらない話であることに気がつかないなども問題だ。

 先日、聞いた社長の話もつまらなかった。前置きが長く、天気の話をする。自分の話ばかりで、業界を否定的に考え、ライバルをけなす。ペースを作ろうとして失敗し、盛り上げようとして逆効果。最終的には、何を言っているのか分からない。

 それでは、おもしろい話を教えてほしいと言われるが、だれもおもしろい話を知りたいわけではない。どうすれば、おもしろい話ができるかが知りたいのである。漫才師になりたいわけでも、ダジャレで1番になりたいわけでもない。テレビに出てタレントになりたいわけでもないと思う。仮に出たいとしてもITmediaエグゼクティブの勉強会に参加してる皆さんなら、「ワールドビジネスサテライト」や「ガイアの夜明け」、そして「報道ステーション」などであろう(笑)。

 まじめな話に戻ると、目的はおもしろい話でビジネスを成功させたい、恋愛を成就させたいということなのだ。

さんまさんから「聞き上手」を学ぶ

 今日のボクは、午前中は朝5時からジョギングをして、6時からメールチェック、8時からスポーツクラブ、10時から歯医者、12時から編集担当者との打ち合わせをした。午後は、13時30分から一部上場企業でミーティングをし、15時から金融機関とミーティング、16時30分からも別の金融機関とミーティングをして、17時30分からタクシーの中で上場IT企業とミーティング。現在、この勉強会で話している。

 打ち合わせやミーティングのすべてに、まったく違う「野呂エイシロウ」がいる。企業にあわせて、キャラクターを使い分けているのである。そのため、たまにクライアント同士が出会うと「野呂さんは別人のようだ」という話しになる。実はときどき自分でも自分を見失うことがある(笑い)。それはなぜか。キャラクターの使い分けを、明石家さんまさんから学んだためである。

 そう思い始めたのは約15年前で、「さんまのまんま」や「恋のから騒ぎ」が絶好調だったころである。話し上手のイメージのある明石家さんまだが、実はほとんどしゃべっていない。よく観察してみると、実は7割を相手にしゃべらせて、自分は3割しかしゃべっていない。リアクションが大きいので、ずっとしゃべっているイメージがあるのである。

 仕事でも、テレビでも、これほどまでの聞き上手に、これまであったことがない。明石家さんまさんの出る番組をすべて録画して、なぜその話をしたのかを考えながら番組を見て、自分の話と比べてどこが違うのかを調べたこともある。

 直接本人から学んだわけではなく、テレビ番組から学んだのだが、自分がおもしろいと思う人を見つけ、徹底的に研究してみるのもひとつの方法である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆