連載
» 2016年02月25日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ゴテゴテからシンプルへ (1/2)

イチゴに練乳をかけて「イチゴっておいしいよね」と言う人がいるが、その人が覚えているのはイチゴではなく練乳の味です。何もつけないことで、初めてそのモノの味が分かる。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


ワンポイントのデザインより、無地の白がオシャレ

160225book.jpg シンプルな人は、うまくいく

 男性はロゴ好きが多いのです。ポロシャツにも、とりあえずロゴが入っています。できればロゴは大きいほうがいいと思っています。せっかくブランド物を買ったのです。そのブランドがはっきり分かるように、バッタ物でないことを明らかにしたいのです。

 ゴテゴテの人は、襟や袖の折返しにチェック柄が入っている服が好きです。「何かついているよ」と言うと、「ここがオシャレなんじゃないですか」と言うのです。

 それはオシャレではありません。

 真っ白なシャツに真っ白なTシャツが、一番オシャレです。ゴテゴテの人は、白いごはんだけではもの足りずに、上に何かトッピングします。

 本当は、イチゴはイチゴだけの味を味わってほしいのです。ゴテゴテの人は、イチゴに練乳をかけて、最後は練乳だけチューチュー吸っています。

「イチゴっておいしいよね」と言いますが、その人が覚えている味は、イチゴの味ではなく、練乳の味です。

 何もつけないことで、初めてそのモノの味が分かるのです。味つけが濃くなるのは老化のサインです。味覚が衰えて、センサーが雑になってくるのです。薄味を楽しむことで、微妙な味を楽しめるようになります。

 ゴテゴテの人は、なんでも甘くしたり辛くしたりするのです。シンプルな人は、無地のTシャツを着ています。無地のTシャツは、なかなかないのです。

 外国人が「原宿」と書いてあるTシャツを着ています。それを見て、「ああ、外国人だな」と思います。要は、田舎者ということです。

 アルマーニは黒のTシャツをよく着ています。「アルマーニ」と書いてある服は着ていません。あれがシンプルということなのです。

服にアクセサリーをつけるより、シワを伸ばす。

 不思議なことに、アクセサリーをたくさんつけている人ほど、洋服にシワとシミがあります。時には、そのシミを隠すためにスカーフを巻いていたりします。シミを隠そうとしてアクセサリーをつけることで、よけいシミがきわ立つのです。

 シンプルは、シワひとつ、シミひとつないことです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆