連載
» 2017年07月13日 07時13分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:オリンピック4大会連続出場を成し遂げた松田選手の「自超力」とは (1/2)

0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったこと。

[松田丈志,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『夢を喜びに変える「自超力」』

 みなさん、こんにちは。元競泳選手の松田丈志です。2016年9月に、28年間続けた競泳を引退しました。その間、4度のオリンピックに出場し、4つのメダルを獲得しました。最大の目標だった金メダルには届きませんでしたが、まさか自分がこんなに長く世界のトップレベルで活躍できるとは思ってもいなかったので、幸せな競技人生だったと感じています。

 引退したタイミングで、28年間指導していただいた久世由美子コーチと、共著という形で本を出版しました。タイトルは『夢を喜びに変える「自超力」』です。

 この本の特徴は2つあって、1つは「アスリートの自叙伝ではない」ということです。私たちは、この本を競泳の本、スポーツの本だけで終わらせたくないと考えたのです。2人で取り組んできた競泳というスポーツにおいて、0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったことがたくさんあります。

 それは、常に過去の自分を超えていく作業でした。ここから得られたノウハウや経験は、競泳だけではなく、あらゆるジャンルで成長を求める人たちに届くメッセージになるのではないかと考えたのです。

 もう1つの特徴は、選手であった私とコーチだった久世コーチが、それぞれの目線から交互に書いている点です。私たちはオリンピックの金メダルという同じ目標に向かい、経験を共有してきましたが、目標に対するプロセスや考え方、経験から感じ取ったものはそれぞれ違います。

 私自身もこの本を執筆するに当たって、自分の思いを言葉にしながら、コーチはどんな言葉を出してくるのだろうと楽しみにしていました。お互いの考えがリンクしているところもあれば、違うところもあるので、どんな仕上がりになっているかは、ぜひ手に取ってみてください。

 現在、私は東京、久世コーチは宮崎を生活の拠点にしており、顔を合わせて打ち合わせできる機会がそう多くはなかったため、2人の間でも、この本のコンセプトを共有し、方向性を正して、仕上げていく作業は大変な部分もありました。それでも自分たちの経験から学んだことを、みなさんに共有してもらいたいという思いと、私たちの足跡を形として残したいという気持ちで1冊の本に仕上げました。そんな本の内容を少し紹介します。

自分と向き合うことが最初のスタート

 私が勝負してきた競泳は、まさに自分との戦いです。試合の時に相手と接触するわけではありませんし、決められたコース内で決められた距離を泳ぐだけです。自分のパフォーマンスに影響を与えるのは、ほぼ自分しかいません。心技体それぞれのカテゴリーで自分と向き合うことが必要です。

 よく4年に1度のオリンピックにピークを合わせるのは難しくないですか? と聞かれるのですが、私は難しいとは思っていません。自分と向き合うことができて、自分を知ることができれば、たとえ勝負の日が4年に1度であっても、自分のパフォーマンスはコントロールできるのです。

 私は現在、いろいろな競技の選手にインタビューする機会があるのですが、良いプレーをした場合は決まって、「自分のプレーに集中していた」「自分のプレーをするだけだった」という答えが返ってきます。

 これは、たとえ対人競技であっても最終的には自分のプレーに集中することが、最高のパフォーマンスを目指す上で有効だと、トップアスリートは経験則で感じているからでしょう。

 私は、自分と向き合うことをさまざまな角度から行ってきました。代表的な例は「書くこと」です。中学生の時から引退するまで、毎回の練習ごとに内容とその日の心身のコンディション、できたことやできなかったこと、技術的なこと、明日への課題をノートに記してきました。

 そうやって日々自分と向き合っていれば、自分の強み、弱みも見えてきますし、心身のコンディションをピークに持っていく方法も分かります。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆