連載
» 2017年07月25日 07時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:異国情緒に酔いしれる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 異国の情緒に浸りたい衝動を満たすのに、東京は最高の街です。無いものを探すほうが難しいほど、世界中の郷土料理が集まっている場所であることは周知の通り。ここでは、食だけでなく音楽のライブやDJも楽しめる店を紹介します。

キューバ料理とキューバ音楽を楽しめる

 まずは、下北沢にある「ボデギータ」を紹介しましょう。同店は、黒豆やキャサバ芋、豚肉などを使ったキューバ料理と、ソンやルンバ、フィーリンなどのキューバ音楽を楽しめる本格的なキューバンスポットです。定番メニューは黒豆ごはんとローストポーク、キャサバ芋のガーリックいためなどが一緒になったプレート「ボデギータスペシャル」。ふっくらとして香りも良い黒豆ごはんはクセになる味わいです。ライブイベントは平日、週末を問わず週に3本前後行われており、一流のミュージシャンたちによる演奏が楽しめます。モヒートやラムを飲みながら、哀愁漂うギターと乾いたパーカッションに身を任せましょう。

世界の料理や酒を提供

 吉祥寺にある「ワールドキッチン バオバブ」は、世界の料理や酒を提供しているバー。店主が現地で買い付けたカリブ、アフリカ、中南米のレコードや雑貨も所狭しと並んでいます。ライブイベントも多く開催しており、ラテンやレゲエ、アフリカ、ブラジル、サーフミュージックなどのミュージシャンが出演しています。至近距離で演奏を見ながら、本格的なローカルフードをビールやモヒートで流し込む。徐々に体を店になじませれば、ここが東京であることを忘れてしまいそうです。

まるでモンゴルにいるかのような趣

 最後は、巣鴨にあるモンゴル料理店「シリンゴル」を紹介します。料理のほとんどに羊肉が使われており、ギョーザやケバブのほか、ジャガイモとともに煮込んだり、しゃぶしゃぶのようにさっと湯がいたり、骨付きのままシンプルにゆでたりと、さまざまな方法で調理された羊肉を楽しむことができます。食事のお供には、ジンギスカンウオッカとモンゴル民謡の馬頭琴による生演奏を。まるでモンゴルにいるかのような錯覚に陥ることでしょう。

 その他の詳しい情報は「東京、ワールドミュージックを楽しむレストラン&バー」で紹介しています。アフリカやブラジル、カリブ海地域、モンゴルなど、舌と耳で楽しむ世界旅行へ出かけましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆