連載
» 2017年08月03日 07時07分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:成功する人は、教わり方が違う (1/2)

教える、教えられる関係は、会社では上司と部下、スポーツではコーチと選手、習い事では先生と生徒など、いろいろなところにある。その心構えとは。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


一流は、弟子になる。二流は、お客さまになる

『成功する人は、教わり方が違う。』

 教える、教えられる関係は、会社では上司と部下、スポーツではコーチと選手、習い事では先生と生徒など、いろいろなところにあります。

 そのパターンをまとめると、

(1)師匠と弟子

(2)サービスマンとお客さま

の2通りしかありません。

 習い事で多いのは、生徒をお客さまにしてしまうことです。生徒をほめて、また来てもらうことが、サービスマンの目的です。生徒側としては、自身の成長よりも満足を得るようになります。あたかも商品を買うかのごとく習い事をしに行く関係が、教える場では起こりがちです。

 教える側は、本当は師匠と弟子の関係でいたいのです。お客さまにしてしまうと、厳しいことが言えなくなります。とはいえ、厳しいことを言えば、生徒が来なくなります。ビジネスで考えれば、背に腹は代えられず、お客さま扱いするのです。

 ここで教えられる側の成長は止まります。

 上司と部下の関係でも、「なんでもっとほめてくれないんだ。私はほめられて伸びるタイプなのに」と言う部下が多いのです。

 習い事なら、もっとほめてくれるところに行きます。会社の場合は、隣の部署の上司はほめてくれて、直近の上司はほめてくれないことがあります。ここで隣の部署に行きたいと思う人は、結局、自分の成長よりも他者承認を求めているのです。

 こういうことが今、世の中にまん延しています。

 本来、教える、教えられる関係は教育産業であるのに、サービス業に変わってきているのです。自分が教えられる側になる時は、お客さまではなく、弟子になる覚悟が必要です。そうすれば、「なんでもっとほめてくれないんだ」「先生の都合に振りまわされる」「上司が自分の主張を押しつけてくる」という文句がなくなります。

 成長もできるし、ストレスもなくなるのです。

一流は、自分のことを聞く。二流は、ほかの人の話を質問する

 プロから厳しいことを言われるのは、教わる側としてはつらいことです。そのつらさから逃避しようとして、「あの人のあれはいいんですか」「これができない人がたくさんいますが、どうしたらいいんでしょうか」という聞き方をしがちです。

 ほかの人のことを挙げて、自分のことから話をそらそうとするのです。これをすると、その場のつらさは回避できますが、自分の成長にはつながりません。

 一流の人は、どこまで行っても、「私はどうすればいいのか」「私のどこがいけないのか」「私は何を改善したらいいか」と、「私」について聞いてきます。つらくても自分のことから逃げないのです。

 質問をする時は、自分のことについて聞くことです。ほかの人が気になり始めるのは、自分のことから逃げようとしているのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆