連載
» 2017年12月06日 07時19分 公開

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:タイプ3 むやみに褒めるリーダー (2/2)

[藤田智弥,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 マクドナルドでは、社員に名刺大の「Thank youカード」が配られる。これをポケットに入れていると、感謝できることを探し歩いている自分に気付く。「笑顔、ありがとう」「準備、ありがとう」「メンバーの育成、ありがとう」。感謝することは、いくらでもある。

「知りたい」と思っているか?

 あるクライアントから「褒めるところがない人を、どうやって褒めたらいいのか?」と相談されたことがある。自分自身を振り返っても、肯定的なフィードバックを書く手が止まってしまうメンバーが1人や2人はいた。

 そんな私の問題点が、ある管理職研修で明らかになった。「このスタッフにフィードバックせよ」と映像を見せられた。作業手順を無視したスタッフの様子は、苦笑せざるを得ないほど散々だった。映像が終わると、「素晴らしい点をフィードバックせよ」との指示があり、ハンマーで頭を殴られたようなショックを受けた。間違いを数えながら見ていた自分に気付いたのだ。

 あなたも間違い探しばかりをしていないだろうか? 成長してほしいと願っているからこそ、改善点を探しているのだろう。しかしそれだと、褒めたいときに褒められない。普段から「知りたい」という好奇心をもって探していなければ、その人の誠実さ、勇敢さ、公平さなどの「在り方」には気付けない。

練習しているか?

 「在り方」を認めることは、好奇心を持って探したからといって、今日からできるほど簡単ではない。練習を繰り返して、実践を積む必要がある。ゴルフや英語、プレゼンと同じだ。

 では、どんな練習をすればよいのか? 私が勧めるのは、言い換え練習だ。短所のほうが目につきやすい。だが、短所は長所でもある。必ず肯定的な言葉に言い換えることができる。

 例えば、新しいことに次々と飛びつき、1つのことを最後までやり遂げられないメンバーがいるとする。飽きっぽい。粘りがない。信念がない。否定的な言葉が思い浮かぶ。これを肯定的な言葉に言い換えてみる。好奇心旺盛、果敢、柔軟などだ。

 最初はなかなか浮かばないだろう。毎日の通勤時間に、メンバーを思い浮かべながら言い換え練習をしてみてはどうだろうか? 思いついた単語は、スマホにメモしておくのもいい。

 そして何よりも、実践だ。相手に伝える。緊張するし、照れ臭い。ならば、メールからスタートしてみよう。自信がついてきたら対面で伝えて、相手の反応を観察してほしい。 

誰もがリーダー、全員で取り組もう

 ところで、指示待ち人間ができるのは、リーダー側だけに問題があるのだろうか? リーダーが工夫をすれば、どんなメンバーも自発的に取り組むようになるのだろうか? 

 この連載のタイトルは、指示待ち人間を作る「リーダー」だ。「上司」ではない。上司と部下という上下の関係ではなく、フラットな横の関係を意識してもらいたい。そういう思いで、「リーダー」と「メンバー」という言葉を使っている。チームを持つマネジャーであるかどうかにかかわらず、自分の担当領域においては誰もがリーダーのはずだ。いや、リーダーでなければならない。

 誰もがリーダーならば、全員の課題だ。1人1人がリーダーの自覚を持ち、指示待ち人間を作らないリーダーシップを目指せたら、組織としての成長も目覚しいだろう。しかし、どうしたらリーダーとしての自覚を持ってもらえるのだろうか?

 次回(第4回)のテーマは「タイプ4 任せきれないリーダー」。リーダーの自覚を育てる「任せ方」と、指示待ち人間を作る「任せ方」について解説したい。

藤田 智弥(ふじた ちひろ)

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)にて、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)プロジェクトを中心に、コンサルタントとして5年の実務を経験後、ベンチャービジネスに転じ、2年で単年度黒字、4年で累損を一掃する100億円規模のビジネス立ち上げを経験する。

その後、ソフトバンクモバイル、ローソン、マクドナルド、アマゾンと転じ、経営層のマーケティング領域の意思決定をサポート。 孫正義氏、新浪剛史氏、原田泳幸氏の意思決定や組織運営を間近にみるなかで、ゴール設定と達成イメージの言語化、視覚化の重要性を体感する。事業会社における経験はトータル19年。現在は、従業員、ビジネスパートナー、顧客、投資家、コミュニティー、家族など、みんなが社長に力を貸したくなる経営を提案し、「社長の360°サポーター化」を推進している。

慶應義塾大学卒。ビジネス・コーチ。アンガーマネジメントコンサルタントTM。マーケティング・コンサルタント。


関連キーワード

ビジネス | 評価 | 心理学 | 管理職 | 興味 | 自己実現


前のページへ 1|2       

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆