連載
» 2007年09月19日 07時00分 公開

景気探検:サブプライム問題を乗り越え、欽ちゃん走りが先行きを明るく? (3/3)

[景気探検家・宅森昭吉,アイティセレクト編集部]
前のページへ 1|2|3       

 今年の日本テレビ24時間テレビのマラソンランナーは66才の萩本欽一さんだった。初代司会者だった欽ちゃんは30周年の節目に、沿道のファンとハイタッチをしながら完走した。番組の平均視聴率は18.6%、フィナーレでは29.8%と高視聴率を出した。瞬間最高視聴率は43.9%だった。

 これまで視聴率が高かったのは05年の丸山和也弁護士、95年の間寛平さんだった。05年はその後景気が踊り場から脱却したし、96年はバブル崩壊後では一番景気がしっかりした年になった。

 ちなみに今年、欽ちゃんのゴールは次の番組「行列ができる法律相談所」にずれ込み中継されたが、この番組の平均視聴率は35.3%と非常に高い数字だった。頑張っている欽ちゃんを多くの人が応援する風潮は、先行きの消費マインド改善につながりそうだ。

たくもり・あきよし

「景気ウォッチャー調査研究会」委員。過去に「動向把握早期化委員会」委員、「景気動向指数の改善に関する調査研究会」委員などを歴任。著書は「ジンクスで読む日本経済」(東洋経済新報社)など。


関連キーワード

| NHK | 年金


前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2010 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆