連載
» 2009年10月06日 08時15分 公開

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:ソフトボール・斎藤監督との「声出し作戦」の思い出 (2/2)

[小松裕(国立スポーツ科学センター),ITmedia]
前のページへ 1|2       

毎日を大切に、頑張ってきたからこそ

 そんな思い出話や、斎藤監督がソフトボールを始めたきっかけ、北京オリンピックのこと、ソフトボールのオリンピック復活への思いなど、話は尽きず、あっという間の1時間でした。「初めから夢があってそれを追い続けたわけではない。一日一日を大切にして、人との出会いを大切にして、頑張ってやってきたから世界一になれた」という言葉が印象的でした。

 トークショーが終わった後、持ってきたオリンピックのメダルを皆に触らせてくれて、子どもたちの求めに応じてサインを書き続ける斎藤監督、その姿を見てまた感じました。あんなに有名になっても「もっとソフトボールを普及させたい、子供たちに夢を持ち続けさせたい」と一生懸命なのです。サイン会の予定でもなかったのに、その時間は軽く30分を超えていました。

 斎藤監督が、懸命に子どもたちと接してくれるのは、ソフトボールの普及や、オリンピックでソフトボールを復活させたいという気持ちだけではありません。ソフトボールが大好きで、スポーツが大好きで、自分がそれで素晴らしい経験ができて、いろいろなことを勉強できて、その楽しさをもっと皆に味わってもらいたいと実感しているからです。

 東京に戻って、2人で一杯やりました。酒豪の斎藤監督に付き合って、わたしはほとんど泥酔状態でしたが、彼女はまったく乱れることなく、店でもサインの求めに笑顔で応じていました。オリンピックから外されてしまったソフトボールですが、いつか復活して、また斎藤監督と祝杯を挙げたいなあと強く思ったのでした。

サインに応じる斎藤監督 サインに応じる斎藤監督

世界を駆け回るドクター小松の連載「スポーツドクター奮闘記」、バックナンバーはこちら



著者プロフィール

小松裕(こまつ ゆたか)

国立スポーツ科学センター医学研究部 副主任研究員、医学博士

1961年長野県生まれ。1986年に信州大学医学部卒業後、日本赤十字社医療センター内科研修医、東京大学第二内科医員、東京大学消化器内科 文部科学教官助手などを経て、2005年から現職。専門分野はスポーツ医学、アンチ・ドーピング、スポーツ行政。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆