ニュース
» 2009年12月15日 11時55分 公開

「夢ではない」実現可能性が増す宇宙太陽光発電──宙博の講演と展示から【後編】(2/2 ページ)

[環境メディア]
環境メディア
前のページへ 1|2       

日本の技術を結集し世界に先駆けてSSPSの実現を

 日本では次のステップとして、小型衛星を低・中高度軌道に打ち上げ送電実験をやろうという構想がある。高度1268キロメートル、軌道周期110分・1日13回地球を回る回帰軌道を使い、送電アンテナは直径13〜18メートル、受電側は半径約5キロメートルの大きなフィールドにレクテナを多数配置して1.3キロワット程度の電力を得ようとする実験。蓄電や放熱などの技術的課題に関する実証実験となる。

 狼氏は「(日本が SSPS関連技術で先端を走っているのは)米国が研究を中断していた間もこつこつと研究を重ね技術開発を進めてきた成果」とした上で、「日本の要素技術、特に材料技術・部品技術は極めて優れている。コンポーネントを組み立てる精度・信頼性は世界に冠たるものがあるが、大きなシステム全体をデザインするという能力には欠けている。われわれはなんとかこのレベルを引き上げてSSPSのようなシステムを世界に先駆けて実現したい」と話し、来場者の大きな拍手を浴びていた。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆