ニュース
» 2010年03月30日 16時00分 公開

無料化するクラウドの世界、その理由と注意点戦略コンサルタントの視点(3/3 ページ)

[大野隆司(ローランド・ベルガー),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

クラウドは営業ツールか

 1回目でも述べましたが、クラウドを上手く利用し、自社のシステムを再構築していく必要は大きくなっていくと考えられます。将来の企業のシステムで、クラウドを利用する割合は高くなっていくでしょう。

 しかし、企業のオペレーションには、クラウドのサービスが適用しにくいものも多く存在するわけで、これらについては(システムが必要ならば)オンプレミスで構築していくことになります。簡単に言えば、企業の将来のシステムは、プライベートクラウドを含めたオンプレミスとクラウドのハイブリッドになるということです。

 いま多くのシステムベンダー(ここにはクラウド専業のベンダーは含みません)が最も注力している営業テーマは、プライベートクラウドの構築です。

 1970年代から80年代にかけては、企業に自社製の汎用機をいったん導入しさえすれば、安定した収益をかなりの期間享受できました。汎用機を他社製に置き換えるのはかなりの手間でもあり、非常にスイッチングコストが高いのがその理由です。システムベンダーの営業的にみればプライベートクラウドはかつての汎用機と同じような魅力をもっています。別の言い方をすれば、ロックインしやすくなるということです。

 企業に入り込むための営業ツールとしてクラウドはとても有効です。プライベートクラウドの構築そして長期にわたる運用による収益を狙う場合、クラウドは「顧客での橋頭堡(きょうとうほ、河を渡って攻撃する際、その後に必要になる場所を確立するため、対岸に確保する地域のこと)の構築」と割り切ってしまい、無料でサービスを提供するという戦略をとる可能性は高いでしょう。この流れがクラウドの無料化あるいは低価格化を引っ張る可能性があります。

クラウド専業のベンダーには厳しい時代に

 この流れの中で最も経営の舵取りが難しくなるのは、言うまでもなくクラウド専業ベンダーです。クラウドの利用を検討する企業では、クラウドベンダーの事業継続性の検証、つまり倒産や売却などによるサービスの停止や激変といったリスクに特に注意することが必要となります。

 クラウド専業ベンダーのとるべき戦略については、別途機会を設けて考えたいと思います。

著者プロフィール:大野 隆司(おおの りゅうじ) 株式会社ローランド・ベルガー パートナー

大野 隆司

早稲田大学政治経済学部卒業後、米国系戦略コンサルティングファーム、米国系総合コンサルティング・ファーム、米国系ITコンサルティング・ファームを経て現職。電機、建設機械、化学、総合商社、銀行など幅広い業界の大手企業において、事業戦略、オペレーション戦略、IT戦略の策定などを手掛ける。


関連キーワード

ERP | パラダイム | 経営 | コンサルタント


関連ホワイトペーパー

ERP | 経営 | クラウドコンピューティング


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆