ニュース
» 2010年05月13日 15時30分 公開

今、あらためてチームワークを問うベストチームとは何か(2/2 ページ)

[島村剛, 森川有理(CRRジャパン),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 TDAモデルではプロダクティビティとポジティビティの要素を、それぞれ以下の7つとしている。

 「プロダクティビティ」

  • 一致協力
  • ゴールと戦略
  • 職責の遂行
  • 能動的
  • 意思決定
  • 人的資源
  • チームリーダーシップ

 「ポジティビティ」

  • 信頼
  • 尊敬
  • 仲間意識
  • 明確で効果的なコミュニケーション
  • 建設的なやり取り
  • 多様性の尊重
  • 楽観性

 これらの要素を確認することでベストチームの姿をより現実的なものとして感じられるはずだ。ここまでベストチームについて、TDAモデルを使用しての考察を試みた。

 さて、それではどうやって皆さんのチームをベストチームに近づけていくことができるのだろうか。

 ここから読者の皆さんにご紹介したいアプローチが、ORSC(Organization&Relationship Systems Coaching)という新しいコーチングのスタイルだ。複数人からなるチームそのものを生き物=システムととらえてコーチングの対象とする。そこが従来のコーチングとまったく異なるため、わたしたちはこれを「システム・コーチング」と称している。

 次回は、システム・コーチングについてより詳しく紹介したい。ご期待ください。

(注1)チーム・ダイアグノスティック・アセスメントは、米カリフォルニア州に本拠を置く、Team Coaching Internationalが開発したアセスメントツール。チーム状態を診断するのためのものだ。日本ではウエイクアップ(CTIジャパン内)が提供している。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

著者プロフィール:島村 剛(しまむら たけし)

筑波大学第一学群社会学類卒業。住友銀行より日本総合研究所に転じ、同社研究企画部長を経て2004年CTIジャパン代表に就任。その後2008年に(株)ウエイクアップ、2009年にCRRジャパンを設立。個人と組織の本領発揮を促し、「世のため人のために活躍する人材」の志と絆を育むべく活動中。共著書に「コーチングのプロが教えるリーダーの対話力 ベストアンサー」がある。CTI認定資格CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)CRR認定資格ORSCC(Organization & Relationship Systems Certified Coach)


著者プロフィール:森川 有理(もりかわ ゆり) 

森川 有理

国際基督教大学教養学部卒業後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にてアジア太平洋研究修士課程修了。三和総合研究所(現 東京三菱UFJリサーチ&コンサルティング)国際本部研究員、リクルート、HCソリューション部、シニアコンサルタントを経て独立。現在、グローバルセンセーション代表 組織におけるチームビルディングや風土改革、夫婦や家族の関係性の強化、また個人の夢の実現など、コーチングを通じて、社会の中における個人が互いに認め合い、成長し合う関係性を支援している。CTIジャパンのリーダーとして、コーアクティブ・コーチングを伝えるとともに、システム・コーチ養成機関であるCRRのグローバル・ファカルティでもある。「コーチング・バイブル」(東洋経済)共訳。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆