ニュース
» 2010年08月18日 08時30分 公開

IT「あたま」を丸くしようGartner Column(2/3 ページ)

[小西一有(ガートナー・ジャパン),ITmedia]

 わたしはこう言いました。「IT費用の総額は、同業他社と比べても圧倒的に少ないと思います。ただ、少ないというのは2種類あります。1つは、とても上手にIT投資が出来ていて、やるべきこと(IT化すべきこと)はやっている(IT化している)場合と、もう1つは、やるべきことをやらないで、ただ費用を圧縮している場合とが考えられます。貴社は、前者、後者のうちのどちらでしょうか」

 彼は、大きなため息をついてから、わたしにこう答えました。「わたしが、コスト削減方法を尋ねているのに、逆に質問ですか?」と。そこで、わたしはさらにこう続けました。「貴社にとってITとは何でしょうか。難しいようでした、こう言い換えても良いと思います。貴社はITに何を期待されているのでしょうか」

 彼は、そんなことわかりきっていると言わんばかりに即座に「当社にとってITは、安ければ安いほうが良いのです。冒頭に申し上げた通り、当社の各部が、毎日々コストを削減・・・・・・」と始まったので「承知しました。安ければ安い方が良いというのが、貴社にとってのITへの期待ならば、手を打つ方法があります。しかもとっておきの良い方法です」とお答えしました。「おぉ!さすがガートナーですね。して、それは何ですか?」と身を乗り出してこられました。わたしは、ゆっくりと言葉を話しました。

 「全ての稼働中の情報システムを止めて、人員は、あなたも含めて、全員、異動若しくはリストラして、帳簿に残る固定資産は、全て廃棄してください。そうすれば、IT費用はゼロになります。あなたは、Mission successful complete で、経営トップから褒められるに違いありません」と。

 「あなたは、わたしを怒らせにここに来られたのですか?」とお聞きになるので、「いいえ、そんなつもりはありません。しかし、ITは安ければ安い方が良いとおっしゃったのは、貴方です。そして、そこに何も条件はありませんでした。いえいえ、けんかを売りに来た訳ではありません。では、本論をお話しましょう。ITが、自社の何に貢献しなければならないかは、企業によって様々ですから、そこにわたしどもから提示する正解はありません。

 しかし、IT費用を削減するためにITやIT組織が存在することはありえません(もし、そうならば、前述の通りITを全て止めれば良いのです)。失礼ながら、あなたからのご質問を聞いておりましたら、IT部門長である貴方がITの存在価値をご自身で否定されているような発言で、わたしは、たいへん心苦しかったのです。ご理解いただけますか」

 さらにこう続けました。「貴社のIT費用は、売上高に対して約0.3%程度です。一方で、貴社の一般管理費(Operation Cost)は、売上高の30%程度です。少し考えて見ましょう。IT費用は、凄く頑張って現状よりも仮に1割ダウンさせることが出来たとしましょう。それは売上高に比べると0.03%ということです。一方で、Operation Costは、少し頑張って1%ダウンさせることができたら、売上げの3%ものコストダウンが図れます。

 なんと100倍も効果が違います。わたしが思うに、貴社のITコストを10%削減するのは無理だと思います。それよりは、IT費用を多少増加させても良いので、つまりITを駆使してOperation Cost を1%ダウンさせる方法を考えてみませんか。IT費用を10%下げるよりは相当にインパクトがあるように思えますが、いかがでしょうか」と。

 正直、このロジックで理解されないことがなかったので、心の中では(ちょっと、はしたない言い方かもしれませんが)『よし、決まった。これで、この部門長さんも考え方を変えるに違いないぞ』と反応を待っていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆