ニュース
» 2010年09月29日 08時55分 公開

組織外の情報こそ必要なのに内部情報にこだわる経営者生き残れない経営(2/4 ページ)

[増岡直二郎,ITmedia]

 週報が好ましくない最も基本的なことは、それが「内部情報」だからである。仮に外部情報であっても、「内部のフィルターに掛った外部情報」だからだ。

 かのP.F.ドラッカーは、「日本の経営者もしくは経営幹部に必要とされているものは何でしょうか」と問われ、こう応えた。

 「第一に情報リテラート(情報を自由にこなせる人)になることだ。今日では、ほとんどの経営者がコンピュータ・リテラートになった。しかし、コンピュータが出してくるものは、データにすぎない。そのほとんどは、組織の内部のことについてのデータである。それらのデータを情報にまで高めなければならない。経営者にとって必要な情報とは、組織の外のことについての情報、つまり、市場、顧客、非顧客(ノンカスタマー:自社の顧客になっていない人たち)についての情報だ。技術や社会、経済の変化についての情報である。情報リテラートになることこそ、今日、あらゆる国のあらゆる産業の経営者にとって飛びぬけて重要な課題なのだ。」と主張する(「週刊ダイヤモンド」2001.3.3.号の対談)。

 内部情報を重点的に渇望する経営者は、とうの昔から必要とされない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆