ニュース
» 2010年12月17日 12時23分 公開

ヘッドハンターの視点:“社名”と“タイトル”が意味すること (2/2)

[岩本香織(G&Sグローバル・アドバイザーズ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ところがCさんは「有名なグローバルコンサルティングファームで活躍している人を採用したいので彼は違うと思うから会わない」と言ってきました。わたしは「あなたは何のために高いフィーを払ってわたしを雇っているの? もしあなたがBさんに会って、あなたの言うことが正しかったとしてもあなたの失うものはたったの1時間です。でも、あなたの言うことが間違っていてここで会うことすらしなかったらどれほど御社の損失になると思いますか?」と食い下がりました。

 Cさんは「そこまで言うなら仕方ない。お会いしましょう。でも1時間しか時間はとらないよ」と言いました。この時点ではCさんはわたしの言うことに納得したというよりも、小生意気なヘッドハンター(=わたし)を黙らせるのに1時間以上かかると思ったのかもしれません。理由はどうあれBさんに会ってくれさえすれば、彼の優秀さは理解してもらえるとわたしは確信していました。

 数日後インタビューが実施されました。インタビュー終了直後Cさんから電話がかかってきました。開口一番「ぜひBさんを採用したい。次はどうすればいい?」この言葉を聞いた瞬間、電話を持ったまま大きくガッツポーズをしたのは言うまでもありません。その後、引き止めなどいろいろありましたが、BさんはA社に転職されました。

 半年後、Cさんに「Bさんはいかがですか?」と伺うと「期待以上に大活躍してくれている。あの時僕をプッシュしてくれてありがとう」と涙が出るほどうれしい言葉をいただきました。Cさんにとって小生意気なヘッドハンターはプロフェッショナルヘッドハンターに昇格し、その後たくさんのビジネスを紹介してくれました。

 「社名」や「タイトル」だけで採用を決められるのであれば、既に一部でその動きがあるように、ヘッドハンターの仕事はソーシャルメディアに置き換えることさえできます。確かに「社名」や「タイトル」はその人の一部ではありますが、直接お会いしてみないと分からないことはまだまだたくさんあります。

 ある時大手コンサルティングファーム(D社)のパートナー(Eさん)は「俺が転職すれば部下が最低50人はついてくる」と言って直接ご自分を数社に売り込んでいました。コンサルティング事業を拡大していた日系IT企業(F社)は、高額の報酬を提示してEさんを採用しました。ところが1カ月、3カ月、半年たってもD社からは誰も採用できませんでした。

 Eさんはうそをついたのでしょうか? わたしはそうは思いません。この事実に最も驚いたのはEさんだったと思います。よくあることですが、Eさんはご自分の地位を自分自身と勘違いしてしまったのだと思います。「社名」や「タイトル」は本人がそれを超えない限り、周りの多くの人はその人の持つ「地位」と仕事をしている(頭を下げている)のです。

 地位には権限(と、忘れちゃいけない“責任”)はついてきますが、信頼や尊敬は血の通った“人”にしかついてこないのです。

著者プロフィール

岩本香織(いわもと かおり)

G&S Global Advisors Inc. 副社長

USの大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)入社。東京事務所初の女性マネージャー。米国ならびにフィリピンでの駐在を含む8年間に、大手日系・外資系企業のビジネス/ITコンサルティングプロジェクトを担当。 1994年コーン・フェリー(KFI)入社、1998年外資系ソフトウェアベンダーを経て、1999年KFI復帰、テクノロジーチーム日本代表。2002年〜2006年テクノロジーチームAsia/Pacific代表兼務。2010年8月KFI退職。2010年9月より現職。


経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆