ニュース
» 2011年02月15日 12時35分 公開

ビジネスイノベーションの次世代モデルは技術王道と事業覇道のせめぎ合い――東大の妹尾氏NTTDATA Innovation Conference 2011レポート(2/4 ページ)

[宍戸周夫,ITmedia]

 「技術開発の段階から事業優位性を考えることが重要です。どのような価値形式やビジネスモデルでやろうとしているのか、これが問われています。どのようにすればビジネス上競争優位に立てるかを、真剣に考えることが大変重要なのです」

成長と発展の違い

 続いての講演のテーマは、今回のカンファレンスのキーワードともなっているイノベーション(innovation)という言葉そのものの捉え方に移行した。

 「それでは、イノベーションとは何でしょうか。日本を代表する経済新聞でさえ、いまだにイノベーションを技術革新と括弧つきで書いています。しかしイノベーションは決して技術革新ではありません! これは完全な誤訳です」

 技術革新はむしろ、インベンション(invention)であるという。

 「確かに、かつてはインベンションがそのままイノベーションを意味する時代がありました。しかし今はそうではありません」といって、妹尾氏は再び会場の聴衆に次のように問い掛けた。

 「皆さんにお聞きします。皆さんの事業は成長すべきと思っていますか、または発展すべきと思っていますか」

 同氏の経験によると、その答えで一番多かったのは「成長と発展の区別がつかない」というものであった。しかしその成長と発展の違いが、イノベーションの正しい理解につながるという。成長(growth)とは、同一モデル(既存モデル)の量的拡大のことである。たとえば子供が成長して大人になるというようなもので、小さな杉は成長して大きな杉になる。しかし小さな杉が成長しても、竹や松になることはない。つまり成長は、あくまで同一モデルの量的拡大を指す。

 つまり、会社が成長するということは、今の会社の仕組み(構想、ストラクション)、仕掛け(機能、ファンクション)、仕切(マネジメント)そのままで売上を拡大することを指す。

 それでは、発展(development)とは何か。これは新規モデルへの不連続的移行のことだという。先ほどの例でいえば、おたまじゃくしがカエルになるようなものだ。小さな杉は成長しても大きな杉にしかならないが、おたまじゃくしはカエルに発展することができる。成長と発展にはそれだけの違いがある。

 そして、イノベーションというのは、この後者の“発展”と密接に関係する。そして、前者の“成長”は言葉としてはインプルーブメント(improvement=改良、改善)と関係するという。

 「イノベーションは“創新”であり、技術で新たな価値形成を行うことを意味します。画期的なモデルを作り、既存モデルへ移行、普及、定着させるのがイノベーションです。これに対し、インプルーブメントは既存モデルを磨き上げていくことであり、これは日本企業が得意とするところです。しかし、インプルーブメントしてもモデル自体は変えることはできません。それに対し、イノベーションはモデルを変える、つまり創新することができます」

 日本企業は既存モデルを錬磨することは得意だが、モデルを創新することはあまり得意ではない。そのモデル錬磨とモデル創新の違いについて、妹尾氏が上げたのはソニーのゲーム機「PlayStation」と任天堂の「Wii Fit」だった。PlayStationは既存モデルを徹底的に磨き上げたインプルーブメントの製品。それに対し、Wii Fitはゲームのコンセプトを創新したイノベーションの製品ということになる。

 「今、世界でありとあらゆるモデルが変わっているのです。古典の極致のような自動車産業でも、電気自動車が登場して、あっという間にモデルが変わってしまった。それでもなお、多くの日本企業は古いモデルに固執しています。それが日本の企業の現状なのです」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆