連載
» 2011年02月16日 18時00分 公開

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:実践のための秋山真之の勉強法 (2/2)

[古川裕倫,ITmedia]
前のページへ 1|2       

真之が留学で学んだこと

 明治31年真之は海軍の派遣留学生に選ばれ、アメリカに渡った。このころ多くの書物を読んだり、米西戦争を観戦武官として視察したりと精力的に学んで、参謀としての基礎を固めた。

 真之は、元アメリカ海軍大佐、軍事思想化であるアルフレッド・マハンをニューヨークの自宅に訪ねて教えを請うた。マハンはアメリカ海軍の一員として、約30年前に日本を訪れていた。当時の日本はちょんまげの時代であり、武士は大小刀を差し、交通手段はかごであった。サムライの時代の日本人と、眼前にいる立派な日本海軍将校を比べて、マハンは感無量であった。マハンは当時多くの軍事評論を発表していたが、真之はそれらを原書で読んでおり、そのことにも驚嘆した。

マハンは、自らが書物から学ぶことの重要性を真之に教えた。

「過去の戦史から実例を引き出して徹底的にしらべることである。近世や近代だけでなく古代もやるほうがいい。戦いの原理にいまもむかしもない」「陸と海の区別すらない。陸戦をしらべることによって海戦の原理もわかり、陸戦の法則や教則を海戦に応用することもできる」(2巻238頁)


真之は米国で多くの世界の書物を読み、後に日本の村上水軍の戦い方も研究し、日本海海戦にその知恵を活用した。

学ぶことと行動すること

真之は学ぶだけではなく、それを行動に移すときのこともしっかり考えていた。学ぶだけのただの物知りでは決してなかった。

「明晰な目的樹立、そしてくるいない実施方法、それまでのことは頭脳が考える。しかし、それを水火のなかで実施するのは頭脳ではない。性格である。平素、そういう性格をつくらねばならない」(2巻216ページ)


 目的を明確にして方法をしっかりと考えたなら、行動する際にためらってはいけない。目標と方法は頭脳で考えられるが、実際の行動に際してはひるんではいけない。しっかり実行する勇気が必要だという。

 現代の組織においても、目標を立て実行計画を作るが、実行の際にささいな予期せぬことに出くわすなどして、途中で実戦部隊が急ブレーキをかけてしまうことがよくある。目標と方法を(頭脳で)決めたらなら、(体と心で)しっかり行動しなければならない。 

 江戸時代後期の儒学者佐藤一斎(さとういっさい)の言葉にこうある。

一燈(いっとう)をさげて暗夜(あんや)をゆく。 

暗夜を憂(うれ)うことなかれ。

ただ一燈を頼め。

(佐藤一斎、言志晩録13条)

  暗い夜道を一つのちょうちんを下げて行く。

  どんなに暗くても心配することはない。

  ただ一つの明かり(即ち、自分や組織の想い)を信じて進めばいい。

 真之は、本は道具に過ぎないと言ったそうだ。まったくそのとおりである。

 勉強をして自分を磨くことは必要であるが、知識を詰め込むばかりでは、まことにもったいない。黙って勉強しているだけならまだしも、自分は行動せずに知識に基づく評論だけをしているのであれば、むしろ頭でっかちの弊害が出る。行動力がない知識だけの上司には、部下はついてはこない。

 学んで自分にインプットしたことは、実践のためにアウトプットしたいものだ。アウトプットすることにより、また新しいインプットを欲するようになるのではないか。

著者プロフィール

古川裕倫

株式会社多久案代表、日本駐車場開発株式会社 社外取締役

1954年生まれ。早稲田大学商学部卒業。1977年三井物産入社(エネルギー本部、情報産業本部、業務本部投資総括室)。その間、ロサンゼルス、ニューヨークで通算10年間勤務。2000年株式会社ホリプロ入社、取締役執行役員。2007年株式会社リンクステーション副社長。「先人・先輩の教えを後世に順送りする」ことを信条とし、無料勉強会「世田谷ビジネス塾」を開催している。書著に「他社から引き抜かれる社員になれ」(ファーストプレス)、「バカ上司その傾向と対策」(集英社新書)、「女性が職場で損する理由」(扶桑社新書)、「仕事の大切なことは『坂の上の雲』が教えてくれた」(三笠書房)、「あたりまえだけどなかなかできない。51歳からのルール」(明日香出版)、「課長のノート」(かんき出版)、他多数。古川ひろのりの公式ウエブサイト。


関連キーワード

学習 | 留学 | 目標 | サムライ | 考え方 | 仕事


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆