連載
» 2011年06月20日 07時00分 公開

思考の枠を広げろ未曾有の危機に直面したリーダーに求められること(2/3 ページ)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

「思考の枠」を広げるには

 「思考の枠」を広げるということは、これまでのやり方が通用しない、これまでの前例にとらわれず、今何ができるかを考えることである。それでは、この思考の枠を広げるにはどうしたらいいのだろうか。

 それは現実を見せてあげることが一番である。今回の震災のような未曽有の危機は、この「思考の枠」を広げる絶好のチャンスである。「思考の枠」は思い込みや固定観念であるが、このような未曽有の危機の際には、これまでの経験などがまったく通用しない。「過去にこういう風にやったから」「今まではこうだったから」このような考え方が役に立たない。まずはそれを取り去り、あらゆる手段を講じることを考えなければいけない。

 未曽有の危機の際にリーダーに求められることは何かということからスタートする。それは、「目標達成」である。もちろん平時にも目標達成は求められるが、危機の際には、人命に関わったり、企業の存続につながることも多く、目標達成は絶対の条件。目標達成をできないと、会社の経営を揺るがす事態に陥る可能性もある。目標を達成するために何ができるかを考え、必ずそれを達成する実行力が求められる。

 目標達成という視点を持っていたら、今本当に何をすべきかが見えてくる。未曾有の危機の際には、過去の成功体験をいち早く忘れ、あらゆる可能性の中から、今何ができるか、知恵を絞る。

 少し前のことになるが、2010年8月にチリのサンホセ鉱山の落盤事故が起きた。救出作業は世界で大きなニュースになり、記憶している人も多いのではないだろうか。事故発生当初は救出までに4カ月以上かかると言われたが、大統領とはじめとしたチリ当局は世界各国に救援を求め、予想よりも2カ月以上早い10月に全員が救助されることになった。

 アメリカのNASAが専門家チームを派遣し、狭い場所での生活についてアドバイス。中国が重機を提供。日本は独立行政法人宇宙航空研究開発機構JAXAが宇宙飛行士の国際宇宙ステーションでの生活用に開発した下着(上下セット)をチリ大使館を通して提供したという。

 世界の英知を結集して、この問題を解決したのである。未曾有の危機が発生した場合、すべてを自分たちで解決しようとしないでもよいかもしれない。このように世界の英知に訴えることも学ぶできことである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆