連載
» 2011年08月05日 07時00分 公開

会社人よ、社会人になろう!:人生を変える体験、被災地ボランティアに行こう! (3/3)

[鷹野秀征(ソーシャルウィンドウ),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

行動したくなったら一歩踏み出してみる

 1、ボランティア先の選び方

 7つの視点があります。受入団体、場所、期間、内容、交通・宿泊、費用、準備事項。いくつか調べて比較してみるといいでしょう。

 <ボランティア情報が充実しているサイト>

 受入団体には大きく分けて2種類あります。ひとつは市区町村の社会福祉協議会が設置しているボランティアセンター(通称ボラセン)。もうひとつはNPO/NGO団体です。

 ボラセンは地域のニーズに合わせて作業を割り振ります。NPO/NGO団体は各団体の専門領域があり地域や活動内容が決まっています。ボランティアツアーも多くなってきました。費用はかかりますが準備があまり必要ないので参加しやすいです。逆に個人・グループで自家用車で行くと自由行動できるメリットがあります。事前説明会を開催している団体も多いので、参加してみるといいでしょう。

 2、ボランティアの心構え

 危険な状態は少なく受入態勢もできていますので、安心して参加できます。

 2つ注意点があります。上から目線で支援に来てやったという態度にならないようにと、体調には十分注意してください。ボランティアでケガや病気になっては本末転倒です。

 ご近所付き合いのように縁があって手伝いに来た感じがちょうどいいです。寄り添いながら深入りしすぎず、根掘り葉掘り聞くのはいけませんが、話したい人も多いのでその時は聞き役になりましょう。知人・友人を誘って行くのもお勧めです。無理せず楽しむことが継続につながります。

 3、企業で社員ボランティアをお考えの方へ

 まずはボランティア情報を集めて整理し、専門団体や既に行った方をお呼びして社内説明会を開催することをお勧めします。関心の高い社員が分かります。

次に有志を募って少人数でボランティアに行き、企業としてのボランティアプログラムを検討します。復興まで長い道のりです。継続的に続けられるよう企業にとってのメリットも議論してください。

 被災地では多くの人の力と知恵を必要としています。企業の社員ボランティアは組織力と専門性があるので大変ありがたいです。

著者プロフィール:鷹野秀征

ソーシャルウィンドウ株式会社代表。外資系コンサルティング会社で10年就業後、2001年より市民社会の実現を目指してNPO支援・CSR支援・社会起業家支援を生業としている。企業からソーシャルビジネスを創出すべく、企業経営者・社員の心の「社会の窓」を開ける支援を行っている。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆