連載
» 2013年04月24日 08時00分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:ビジネスに直結するプレゼンテーションのテクニックを学ぶ (2/3)

[山下竜大,ITmedia]

相手の人数やシチュエーションで手法を変える

 プレゼンテーションには、以下の通りいくつかの種類がある。

  • オーソドックス型
  • 詳細(ビジー)型
  • フラッシュプレゼンテーション
  • デモンストレーション
  • 機能説明型
  • 完全・較型
  • スティーブ・ジョブズ型
西脇資哲氏

 オーソドックス型は、タイトル、図、説明(箇条書き)で構成される一般的なプレゼンテーションである。また詳細(ビジー)型は、1枚のプレゼンテーションにいくつもの情報が書き込まれたプレゼンテーションである。情報が多いので視点誘導が難しい。ある内容を説明していても、別の情報を見ている可能性が高くなる。そのため大人数へのプレゼンテーションには向いていない。3人程度の少人数へのプレゼンテーションで、視点誘導ができる場合に有効な手法になる。

 また、フラッシュプレゼンテーションは、詳細(ビジー)型の対極にある手法で、1枚のプレゼンテーションに大きな文字で簡潔に単語を記述する手法である。通常のプレゼンテーションは1枚で数分の情報量だが、フラッシュプレゼンテーションは1分の内容が数十枚のプレゼンテーションになる。「高橋メソッド」と呼ばれることもあり、IT業界で多用されるほか、テレビ番組のテロップも以前は長い文章だったが、現在ではフラッシュプレゼンテーションが多用されている。

 「どれを選ぶかは、相手の人数やシチュエーション、伝えたいことなどで変化し、組み合わせることも有効になる。例えば、前半はフラッシュプレゼンテーション、中盤は詳細(ビジー)型、終盤はオーソドックス型といったプレゼンテーションもある。特に、相手の人数が少なければ情報量は多くても良いが、人数が多い場合(会場が大きい場合)には、視点誘導のテクニックが必要であり、スライドは簡潔で情報量は少なめが効果的となる」(西脇氏)

プレゼンテーションは"事実"と"意見"のバランスが重要

 テーマ・シナリオ作りには、起承転結を取り入れる。特に途中で「へ〜、と興味を持たせる話」を取り入れることが有効になる。また「サクセスストーリー」「とホラーストーリー」がある。サクセスストーリーとは、成功体験から有効性をプレゼンテーションする手法であり、ホラーストーリーは失敗体験から有効性をプレゼンテーションする手法である。西脇氏は、「両方できることが望ましいが、ホラーストーリーで危機感を共有できることがより有効になる」と話す。

 「成功体験は誰でも話すことができる。ホラーストーリーは、危機感を共有できるので、その製品がほしいというデマンド(必要性)が生まれやすくなる。サクセスストーリーで成功体験を話しても、あの人は特別だから、あの会社とうちは違うからと共感できないことがある。デマンドを植え付けるためには、ホラーストーリーのほか、今だけ、皆さんだけ、先着100名などの"希少性"と、おまけを付けるなどの"魅力"の3つがある。これで成功しているのが、テレビ通販番組だ」(西脇氏)。

 またプレゼンテーションには、"事実(Fact)"と"意見(Opinion)"のバランスが重要になる。西脇氏は、「例えば、男女のケンカで、女性が"あのときこういったじゃない"というのは事実(Fact)であり、男性が"あのときはこう思ったんだ"というのは意見(Opinion)といった具合だ。プレゼンテーションでは、事実だけでも、意見だけでも伝わりにくいものになってしまう」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、Appleの「AirPods Pro」もしくはソニーの「WF-1000XM3」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆