ニュース
» 2018年09月11日 07時00分 公開

CIOへの道:プロ経営者 松本晃会長の下、現場では何が起きていたのか――カルビー大変革の舞台裏 (3/5)

[やつづかえり,ITmedia]

「素振り1万回でも0回でも、ホームランを打てればそれでいい」という成果主義

Photo カルビーの人事総務部で部長を務める福田仁氏

――(聞き手 中野氏)そういった松本さんの考えを、人事制度にはどのように反映していったのでしょうか?

福田氏 まず打ち出したのは成果主義です。以前も成果を評価していないわけではなかったのですが、「あまり上手に利益を出してない」と松本は感じたのでしょう。きちんと利益を出せる会社にするために「コミット・アンド・アカウンタビリティ」というキャッチフレーズを、もういろいろなところで言いまくっていました(笑)。「約束し、責任をもって実行する、それで会社が変わるんだ」というメッセージですね。

 それに合わせた人事施策が必要だということで、われわれも最初はコテンパンにやられ、戸惑いや不安もありました。でも、結果的には増収増益が続き、成果主義なので従業員に還元される金額も上がり、「やれば報われる」という実感を持つ社員が増えてきたのです。

――どこに戸惑いを感じましたか?

福田氏 例えば、遅くまで会社に残って仕事をすることは、絶対に良しとしません。成果さえ上げていれば早く帰ってもいいし、会社に来なくてもいいと。人事からするとちょっとドキッとするようなことを言ってはばからないので、最初は驚きましたよ。

 人事評価という点では、プロセスの評価を一切認めなくなりました。成果を上げるためにスキルアップを図るといったことも、以前であれば評価していたし人事的には大事なことだと思うのですが、「素振りを1万回しようが、1回もしていなかろうが、ホームランを打てればそれでいいんだ」という話を何度も聞かされましたね(笑)。ここは議論のあるところだと思いますが、確固たる信念のあるリーダーの後ろ盾があったから、大胆にやれました。

――年齢や性別に関係なく、優秀な人を登用する仕組みもできていたのでしょうか?

福田氏 その点もかなり変わりました。成果主義と同時に、「簡素化」「透明化」「分権化」ということも大原則として進めてきました。人事部は人事権を各本部に渡すという分権化をしたんです。本部長は社長が任命しますが、そこから先は本部長が決めます。入って5年目のスタッフを課長にしたければしてもいい、という形になっています。

――成果主義の弊害として、個人や組織がそれぞれのゴールをとにかく達成しようとして部分最適に陥ることがあると思うのです。メーカーの場合、管理と生産と販売という主要な機能があるわけですが、部門間の目標が対立することがありませんか?

福田氏 ご指摘の通りです。任せないと自立しないということで「分権化」が必要なのですが、これはまさに部分最適につながることでもあります。先ほどの人事権の話でいくと、優秀な人を抱え込んでしまうという懸念もあるので、人事としては人材育成のために“横串をさすようなこと”もやらなければいけないと考えています。ただ、大きな方針としては、多少コンフリクトが出ても分権化が一番重要なんだ、ということでやってきています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆