連載
» 2019年10月29日 07時27分 公開

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:「Lの世界」の成長戦略 既存ビジネスの生産性を向上させる (1/2)

デジタル化によって業務効率化を実現。イノベーションに向けた布石を打つ。

[永井俊輔,ITmedia]
『市場を変えろ 既存産業で奇跡を起こす経営戦略』

 こんにちは、永井俊輔です。クレストHDの代表取締役を務めています。

 クレストHDは、看板(サイン&ディスプレイ)事業など複数の事業を手掛ける会社です。同時に、伝統と歴史を持つ業界が次世代に向けた成長を実現できるように、既存の市場(レガシーマーケット)を刷新する支援をしています。

 この取り組みを、われわれはレガシーマーケット・イノベーション(LMI)と呼んでいます。

 前回はレガシー企業(レガシーマーケット内の企業)がLMIを実現する道のりについて書きました。

 実現の道のりは2段階に分けられます。

 1段目は、既存の事業を効率化し、生産性を高めることです。この取り組みを、われわれは「Lの世界」と呼んでいます。

 2段目は、生産性向上の成果として生まれた利益(レガシープロフィット)を使い、市場を刷新するイノベーションを起こすことです。この取り組みを、「Iの世界」と呼んでいます。

 連載3回目となる今回は、Lの世界について書きます。

図:LMIの概念図

アナログな業務を優先的に改善

 Lの世界の命題は、既存の事業の生産性向上です。そのための手段としてもっとも効果的なのがIT、AIなどを活用するデジタル化の取り組みです。なぜなら、レガシー企業の多くはその点の取り組みが遅れていることが多いため、デジタル化のツールを導入することによってすぐに生産性がよくなることが多いからです。

 クレストHDを例にすると、2011年から13年にかけて、社内のあらゆるインフラをデジタル化しました。例えば、以下のようなことです。

  • 営業一人一人の成績をグラフとしてスプレッドシートで作成し、共有
  • グーグルカレンダーでスケジュールを共有
  • セールスフォースを導入して、顧客データの管理から請求書発行まで連動
  • 会社支給の電話をガラケーからスマホに変更
  • マーケティングオートメーションを導入し、顧客のWebサイトの閲覧状況などを把握して営業に活用
  • 社内のコミュニケーションを社内SNS上で行うようにして、それぞれの事例をシェアしながら社内で褒め合う文化を構築

 ここで挙げたようなツールは、いまはほとんど無償で使うことができます。どのツールから導入してもいいのですが、優先順位をつける場合は、手作業、手計算、人海戦術といったアナログな業務に手間と時間がかかっているところから始めるのが良いと思います。

 また、中小規模のレガシー企業では、顧客との接し方、商品の作り方、売り方のノウハウ、業務をうまく回すコツなどを個々の従業員が感覚的に習得し、属人的になっていることがあります。そこを明らかにして優先的にデジタル化すると、先人から受け継いできたレガシー企業の強み(レガシーアセット)を共有しやすくなり、効率的に活用できるようになります。

感想と反応を共有して導入効果を実感しやすくする

 新たなツールなどを導入したら、その効果(「便利になった」「仕事が楽になった」といった反応)を積極的にヒアリングし、共有しましょう。新しいツールを導入すると、従来のやり方が変わることに抵抗感を持つ人もいるかもしれません。しかし、便利なものは必ず普及し、浸透します。そのスピードを速めるために「便利だ」「楽になった」など、ちょっとした感動や小さな成功体験を実感してもらうことが大事です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆